日経エレクトロニクスのお申込みはこちら

特典1

 デジタル特別編集版
「電池から新材料まで!デバイスウォーズ最前線」
      プレゼント!

デジタル特別編集版「電池から新材料まで!デバイスウォーズ最前線」プレゼント!」

全個体電池や全樹脂電池、マイクロLEDや深紫外LED、EUV(極端紫外線)リソグラフィーを用いた半導体製造技術、SiCベースのパワー半導体、人工光合成など、革新的なデバイスや製造技術が相次ぎ登場しています。こうした新型デバイスや次世代製造技術の最新動向を、日経エレクトロニクスの記事から集めました。この別冊で新型電池から新材料製造技術まで、これから実用化ラッシュを迎える新時代の要素技術をお読みいただけます。

期間限定今なら試し読みOK!※PDF版はお申込み後、すぐにダウンロードして読めます
目次以下の記事もお申込み後、すぐに読めます 別ウィンドウで開きます
特典2

 デジタル特別編集版
「AIスピーカーからブロックチェーンまで!
      IoTイノベーション」プレゼント!

デジタル特別編集版「AIスピーカーからブロックチェーンまで!IoTイノベーション」プレゼント!」

IoT(Internet of Things)の応用拡大が続いています。AIスピーカーの相次ぐ製品化、耳に装着する超小型コンピューター「ヒアラブル端末」の市場立ち上がり、「触覚フィードバック」機能の普及、AR(拡張現実)の技術進展、ブロックチェーンへの高まる期待など、イノベーションを生み出すような破壊的なムーブメントを、日経エレクトロニクスの記事から集めました。この別冊でハードウエアからソフトウエアまで、そしてUIからセキュリティーまで、IoTイノベーションの最新トレンドをお読みいただけます。

期間限定今なら試し読みOK!※PDF版はお申込み後、すぐにダウンロードして読めます
目次以下の記事もお申込み後、すぐに読めます 別ウィンドウで開きます
特典3

「日経エレクトロニクス」最新号プレゼント!

「日経エレクトロニクス」最新号

12月号の読みどころ

EVの未来を決めるのは何か、セラコンが足りない、
浮上する電動版ビジネスジェット


 ようやく冬らしくなってきました。日経エレクトロニクス2018年12月号をお届けします。今号は、自動車や航空機といったモビリティーの電動化がもたらす…続きを読む

EVの未来を決めるのは何か、セラコンが足りない、
浮上する電動版ビジネスジェット

 ようやく冬らしくなってきました。日経エレクトロニクス2018年12月号をお届けします。今号は、自動車や航空機といったモビリティーの電動化がもたらす光と影を追いました。

 大手自動車メーカーは、EV(電気自動車)をはじめとするクルマの電動化にまい進しています。それに合わせて、充電器などインフラの課題がクローズアップされるようになってきました。なかでも切実な問題になりそうなのがケーブルによる充電です。そもそもEVをケーブル経由で充電する方法が現在主流なのは、ガソリン車への給油と利用イメージが近いことから、自動車メーカーが採用しやすかったからと考えられます。しかし、航続距離をガソリン車へ近づけようとすればするほど、車載電池の容量を増やさざるを得ず、充電待ちの長時間化などさまざまな問題が噴出します。

 このように、ケーブル充電の延長上にバラ色の未来を描くのは難しそうです。ではEVの将来は真っ暗かというと、そんなことはありません。新たな充電技術の開発が加速しているからです。今回の特集「充電技術が決めるEVの未来」では、現在のケーブル充電技術の課題を解決する「ワイヤレス給電(WPT)」や「走行中給電」の最新技術を解説しています。どうぞご一読ください。

 クルマの電動化は電子部品の市場にも大きな影響を及ぼし始めました。例えば、積層セラミックコンデンサー(MLCC)は深刻な品不足が続いています。既に国内MLCCメーカーの生産ラインはフル稼働状態。それでも足りません。ユーザーとなるある機器メーカーは「増産できない。もうお手上げ。いつまで続くのか。」と悲鳴を上げています。というのも、設計変更による搭載数の削減や小型品への代替といった対応では間に合わないからです。「バブルではないか」と疑う声がある一方で、「あと数年は続く」という見方もあります。果たして現場はどうなっているのか。解説「積層コンデンサー争奪戦、自動車の電化が需給を乱す」でご確認ください。

 クルマのみならず、航空機の電動化も待ったなしです。大型機や超小型機の電動化に加えて、「ビジネスジェット」や「リージョナルジェット」と呼ばれる、10人前後を乗せて数百kmから1500km程度を飛行する電動航空機の実用化が見えてきました。商用サービスが2022年ごろに始まりそうです。残念ながら、まだ日本企業の存在感はなく、海外主導となっています。欧米の元気なスタートアップの取り組みを、解説「電動版ビジネスジェットが浮上、22年に運賃1/3以下で市場創造」で紹介しています。

 このほか、“眠れる獅子”ファーウェイのAI(人工知能)総取り戦略、電力会社からの電源供給を不要にできるインドの「ゼロエネルギー工場」の取り組み、可視光からテラヘルツ波まで撮れる超広帯域センサー、金属上でも性能劣化しない京セラの新型アンテナ、トヨタが8年越しで開発した全固体電池を載せてEVが走ったニュースなど、盛りだくさんのメニューとなりました。冬の夜長にぜひどうぞ。(編集長)

特集

充電技術が決めるEVの未来
  • 大電力化するケーブル充電、ガソリン車の呪縛で袋小路へ
  • 製品化近いワイヤレス給電、課題は軽量化と電波の低減
  • “手ぶら”で長距離旅行、架線式走行中給電も浮上

解説

  • [CEATEC JAPAN 2018詳報]
    主役はいよいよ使い手へ、電機はIoT支える黒子に
  • 積層コンデンサー争奪戦、自動車の電化が需給を乱す
  • AI/IoTで変わる知財、所有から利用、独占から共有へ
  • 電動版ビジネスジェットが浮上、22年に運賃1/3以下で市場創造

Hot News

  • もう“爪”は隠さない、AIの総取り狙うHuawei
  • 工場もゼロエネ化、太陽光と蓄電で実現
  • 可視からテラヘルツまで撮れる、超広帯域センサーを三菱が試作
  • 京セラが常識破りのアンテナ、金属上でも性能低下なし
  • ついに全固体電池でEV走る、トヨタが8年かけて開発
  • 無線充電規格争いが事実上決着、iPhoneのQi対応が決定打
  • 48V系電動パワートレーン小型化、コミューター向けにアピール

「日経エレクトロニクス」と同時申込がお得! 毎月100本の新着有料記事が読み放題

日経xTECH有料会員

自動運転、FinTech、デジタルものづくり、i-Construction…「日経 xTECH」は、ITから電子・製造、建築・土木に関わる横断的な技術とビジネスの情報を、専門記者120人が徹底解説するウェブサービスです。毎日70~100本、年間約2万本のオリジナル記事と日経BP社の技術誌9誌がすべてHTMLでお読みいただけます。

さらに毎月100ページ!計9誌の情報がPDFで保存可能!

エレクトロニクス・自動車・製造分野の専門情報誌にITや建設分野の専門情報誌を加えた9誌の膨大な記事データベースから必要な記事を検索し、毎月100ページ(PDF形式)までダウンロードできます。※2002年以降掲載された記事が対象。

いま、定期購読をお申し込みの方に、3大特典をプレゼント!

特典締切:2018年12月19日(水)

日経エレクトロニクス+日経xTECH有料会員のお申込みはこちら 日経エレクトロニクス のみの
お申し込みはこちら
※ご購読の開始は、次号(2019年1月号)からとなります。