閉じる

特集:IT

  • eスポーツ運営に挑むJリーグ クラブにとっての新ビジネスを拓く

     従来、ゲーム関連企業が中心だったeスポーツ大会の運営に、今、異業種からの参入が始まっている。先行するのがJリーグだ。「eJ.LEAGUE」を掲げ、2つのサッカーゲームの大会を主催する。リアルスポーツのリーグがなぜeスポーツなのか。担当するJリーグマーケティングの窪田慎二社長に聞いた。

  • プレゼン前に心臓ばくばく、心を静める臨床心理学の方法とは

     プレゼンテーション前の「アガリ」の症状を何とかしたいと思っている人は多いはず。実はアガリを完全に防ぐのは難しいが軽減する方法はある。それは臨床心理学に基づいた、効果が実証されたアプローチだ。

  • みずほシステム統合の謎、勘定系の「老朽化」問題は解決したのか

     みずほ銀行は新勘定系システムである「MINORI」にSOA(サービス指向アーキテクチャー)を採用した。アプリケーションをコンポーネント化(部品化)することでシステム変更の柔軟性を保ち、保守性を高める狙いだ。同行は今後のアプリケーション開発にかかる期間を約3割短くできると見込む。

  • IPに強いバンダイナムコ ゲームのヒットには長期運営が不可欠

     2018年は強みであるIP(キャラクターなどの知的財産)を活用したゲームを中心に、家庭用ゲーム機とネットワークコンテンツの双方で成功したバンダイナムコエンターテインメント。常務取締役の宇田川南欧氏によると、近年は家庭用ゲームソフトについても発売後の長期的な運営が重要になっているという。

  • PCやプリンターなどに付いている「VCCIマーク」ってなんだ?

     VCCIマークは、電子機器を動作させると放出される妨害電波(電磁波ノイズ)が、VCCI協会で定めた基準に適合した製品に付いている。電磁波ノイズが大きいと周囲の通信機器に悪影響を及ぼす場合がある。

  • 専用ACアダプターが不要に、メーカー問わずに充電できる魔法の規格「USB PD」とは

     電力消費の節約を心がけても、作業時間が長引いてしまった時など、どうしても給電や充電が必要になる場合がある。こうしたケースに対応する手段として、最近は充電に使えるUSB Type-Cポートを備え、市販のACアダプター、モバイルバッテリーなどを使えるモバイルノートPCが注目されている。

  • 「人手不足を何とかして!」、中小企業の叫びにAIは応えられるか

    Part1 福井県の「ふくいAIビジネス・オープンラボ」

     人工知能(AI)ブームは過熱しているが、AI活用は資金力のある大企業に偏っているというのが現実だ。だが、日本企業の99%超は中小企業である。ほとんどが「人手不足」に苦しんでおり、その解決策としてAIに大きな期待を寄せている。

  • 取引先の「弱さ」を気にする企業が増えている、損害保険ジャパン日本興亜に聞くサイバー保険の動向

     企業のサイバーセキュリティー被害を補償する損害保険「サイバー保険」を提供する損害保険ジャパン日本興亜。2018年からは子会社のSOMPOリスクマネジメントを通じて、脆弱性診断や監視サービスなどのセキュリティーサービスも手掛ける。同社にサイバー保険の売れ行きやサービスに対する顧客の反応について聞いた…

  • みずほシステム統合の謎、構想から完成まで20年かかったワケ

     旧第一勧業銀行、旧富士銀行、旧日本興業銀行の3行が経営統合を発表したのは1999年8月のこと。旧3行は当時から老朽化していた勘定系を早期に全面刷新する計画だった。しかし全面刷新には2度挫折。3度目の正直として2011年に新システム「MINORI」の開発を本格化し、構想から20年後の2019年7月に…

  • みずほシステム統合の謎、本当に「全面再構築」したのか

     みずほフィナンシャルグループ(FG)のシステム刷新プロジェクトを、口の悪いIT業界関係者はなかなか完成しないスペイン・バルセロナの教会にちなんで「IT業界のサグラダ・ファミリア」とやゆした。2011年6月に本格化したプロジェクトが、「そもそも何をやっていた?」と疑問が出るほど長引いたのは、銀行シス…

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

経営

クラウド

アプリケーション/DB/ミドルウエア

運用管理

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る