閉じる

特集:IT

  • MPEG-2再来を夢見たH.265、特許団体乱立のワケ AV1の台頭許す

    (第3回)

     「GAFA」をはじめとした世界主要企業が推進する映像符号化方式「AV1」。その台頭を受けて、現行の国際標準規格「H.265/HEVC」を立ち上げた企業や団体は、特許権利者団体が乱立する課題の解決に向けて動き始めた。代表例が「Media Coding Industry Forum(MC-IF)」の新…

  • 「年上部下が働かない」と嘆くマネジャーが見逃している、重大な事実

     部下10人のうち8人が50代、マネジャーより年上ばかり――。そんな職場が増えてきました。「ベテラン社員は権利ばかり主張するわりに、働く意欲がない」というマネジャーの愚痴について考えます。

  • 工場を丸ごと見える化、SAPの「2025年問題」に挑んだある企業の成否は

     SAP ERPのサポート期限が切れる2025年まで様子見のユーザーは、果たして2025年までに何もせずに、デジタル化時代から取り残されることになるのだろうか。S/4HANAへ移行せずにSAPのERPパッケージを基盤にしてデジタル化を進めた企業の事例から、デジタル化の推進方法を探っていこう。

  • みずほシステム統合の謎、参加ベンダー「約1000社」の衝撃

     新システム「MINORI」の開発に参加したITベンダーの数は、前代未聞の規模に膨れ上がった。取りまとめ役であるみずほ情報総研(IR)の1次委託先だけで70~80社。2次委託先、3次委託先を合わせると約1000社に上る。総務省の調査によると情報通信業を手掛ける企業数は5474社で、子会社や関連会社を…

  • みずほシステム統合の謎、メインフレームは無くせたのか

     みずほフィナンシャルグループ(FG)は新システム「MINORI」の構築に当たって「基本的にオープン技術を採用した」(みずほ銀行の間仁田幹央IT・システム統括第一部次長)。多くの業務アプリケーションがLinux/UNIXサーバーで稼働している。ただし大規模な処理能力と高い信頼性が求められる領域だけは…

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

経営

クラウド

アプリケーション/DB/ミドルウエア

運用管理

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る