閉じる

特集:IT

  • ヤフー・ZOZOが提携会見、ブランドの連携・送客で「顧客を爆増」

     ソフトバンク傘下のヤフーと衣料品ネット通販大手のZOZOは2019年9月12日、資本業務提携に関する共同記者会見を開き、ヤフーによるZOZO子会社化の狙いなどについて説明した。ヤフーの川辺健太郎社長は、相互の事業連携と送客で「顧客を爆増させる」と力説した。

  • ZOZO新社長の華麗なるIT経歴、コンサル経験を前沢氏に買われ合流

     ZOZOは2019年9月12日に取締役会を開き、ヤフーによる子会社化に向けた資本業務提携と共に前沢友作氏が社長を退く人事を決議した。ヤフー子会社となる新たな体制で、前沢前社長が後継者に指名したのが沢田宏太郎新社長(前取締役)だ。

  • ヤフーがEC日本一に執念、ZOZO買収でアマゾンと楽天に挑む

     ソフトバンク傘下のヤフーがファッションEC(電子商取引)サイトを運営するZOZOを買収するのは、EC日本一になる目標を達成するためだ。アマゾンジャパンや楽天といったEC大手が国内で攻勢をかけるなか、日本一への執念と危機感がヤフーの背中を押した。

  • 悲願のEC強化へ、ヤフーがZOZO買収を発表

     ソフトバンク傘下のヤフーは2019年9月12日、衣料品ネット通販大手のZOZOを買収すると発表した。ZOZO創業者の前沢友作氏は買収に賛同しており、発行済み株式総数の30%強に当たる保有株をヤフーに譲渡する。

  • みずほシステム統合の謎、「3度目」の大障害はもう起こらないのか

     「人が育った」。みずほフィナンシャルグループの坂井辰史社長はシステム完全統合プロジェクトの成果についてこう述べた。取材に応じたみずほ幹部、現場のシステム担当者、プロジェクトを支えたITベンダーの幹部も同じ話をしていたのが印象的だ。

  • みずほシステム統合の謎、職員1万7000人に4年がかりで操作研修

     新システム「MINORI」への移行に伴い営業店の事務手続きは大きく変わった。移行初日から業務をスムーズに回すために、入念な準備が欠かせなかった。みずほフィナンシャルグループ(FG)は約1万7000人の事務担当者などに座学の研修を受けさせたうえで、約400ある全店でそれぞれ6回にわたるリハーサルを展…

  • 省エネ性能が上位25%の「優等生」製品しか付けられない認証マークとは?

     国際エネルギースタープログラムマークは、IT機器の消費電力が基準値以下であることを示すマークである。

  • BERT:言語理解の事前学習

    PFN岡野原氏によるAI解説:第51回

     この数年の自然言語処理で最も大きなブレークスルーはBERTと呼ばれる事前学習手法であろう。これまで画像認識の分野ではImageNetの画像分類タスクで学習して得られたモデルを他のタスクの初期パラメータとして使う事前学習がよく使われてきた。

  • みずほシステム統合の謎、移行時に活躍した「天眼システム」の正体

     システムの品質をいくら高めても移行でミスが出れば、それまでの苦労は水の泡だ。トラブルなく新システム「MINORI」の全面稼働にたどり着けた裏には移行作業の進捗を管理・共有できる仕組みを整えていたことがある。事前の入念な訓練も奏功した。

  • みずほシステム統合の謎、「移行」でATMを9回も止めた事情

     新システム「MINORI」へのシステム移行に際して、週末にATMなどを停止させた回数は計9回。移行に要した期間は丸1年に及んだ。何回にも分けて移行することで、万が一トラブルが起こった際の影響範囲を小さく抑える狙いだった。

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

経営

クラウド

アプリケーション/DB/ミドルウエア

運用管理

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る