閉じる

お知らせ

  • 「秋得」キャンペーン! 今なら月額プランが12月末まで無料! 詳細は→案内ページ

特集:IT

  • 発注自動化で在庫1割減、スーパーのベイシアが挑んだ需要予測改革とは

    ベイシア

     スーパーのベイシアが需要予測システムを刷新した。発注自動化と業務改革で在庫を1割近く減らした。店員は浮いた時間を接客など付加価値の高い仕事に振り向ける。

  • バスよMaaSに乗り遅れるな、若き研究者が地方交通の再建に注力する理由

    伊藤 昌毅 氏 東京大学 生産技術研究所次世代モビリティ研究センター 特任講師

     様々な移動サービスをITで組み合わせて利便性を高める─。いまMaaS(モビリティー・アズ・ア・サービス)が国内外で注目を集めている。東大の若手研究者は地方の足であるバスをMaaSに組み込もうと奔走する。

  • AI道場「Kaggle」で腕磨き、日立・PFN・DeNAが対外試合に参戦する理由

     世界のAI開発者が腕を競うコンテストプラットフォームのKaggle(カグル)。対外試合に参加し、課題に挑戦することで実践力が身に付く。Kaggleに挑む「Kaggler(カグラー)」の採用と育成が企業の競争力を左右する。

  • プログラミング言語人気ランキング2020、2位に「大躍進」したあの言語

     システム開発に利用するプログラミング言語に変化は生じているのだろうか。最近ではDX(デジタルトランスフォーメーション)への取り組みが進み、AI(人工知能)やIoT(インターネット・オブ・シングズ)機器を活用したシステム開発も増えている。デジタル化に取り組む企業ではデータ分析システムも欠かせない。

  • 読み手が思わずうなる、上手な開発ドキュメントを作る3つの秘策

     専門用語や抽象的な言葉が頻出する難解な要件定義書、長々とした文章による説明が続く基本設計書──。こうしたドキュメントの読み手はたまったものではないだろう。納得どころか理解もできず、勝手に推測して内容を補わざるを得ない。こうして生まれた誤解や勘違いは、やがてプロジェクトを危機に陥れる。

  • ヤフー・LINE経営統合で懸念される主導権争い、焦点はまずポイントか

     ヤフーを傘下に抱えるZホールディングスとLINEが経営統合を検討していることが明らかになった。両社のサービスを合わせると利用者数は1億人規模になり、日本に巨大なプラットフォーマーが誕生する。だが、主導権争いの勃発で統合効果が限定的となる恐れもある。

  • AI活用で500億円のコスト効果を得た米デルタ航空、役に立った「あのデータ」

     米テラデータが重要な局面を迎えている。2019年1~9月期の決算は減収、赤字転落となり、CEOが決算発表同日付で退任した。業績の低迷からの復活への大きな鍵を握るのが、同社が持つ優良顧客への価値提供を通じて成功体験を積み重ね、新たなサブスクリプション型のビジネスへ展開、拡大していくことだ。

  • RPAでお茶を濁すな、「従業員の人生」まで思いやった働き方改革を

    お題:「働かせ方改革」と皮肉られる日本の働き方改革の行方

     日経 xTECHの名物コラムとなった「テクノ大喜利、ITの陣」。第6回のお題は「『働かせ方改革』と皮肉られる日本の働き方改革の行方」。答える識者のラストバッターは、は調査・コンサルティング会社ITRでアナリストを務める甲元宏明氏だ。

  • ユーザー企業のOracle技術者が足りない、高まる技術的負債のリスク

     20年以上前に構築した古い基幹系システムを使い続けるユーザー企業が5社に1社の割合で存在するとされるなか、「枯れた技術」の維持管理に危機が迫っている。枯れた技術としてはCOBOLが有名だが、今回取り上げるのは別の技術、リレーショナルデータベース(RDB)である。

  • LinkedInで海外AI人材「一本釣り」、オムロンがデジタル採用に踏み切った理由

     「既存の採用チャネルよりAIやロボティクスに精通した外国籍エンジニアを見つけやすい」。オムロンのキャリア採用を担うオムロン エキスパートリンクの田那村俊也キャリア採用グループ長はSNS(交流サイト)の「LinkedIn」を活用する理由をこう語る。

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

経営

クラウド

アプリケーション/DB/ミドルウエア

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

もっと見る