閉じる

特集:IT

  • デジタル植民地を回避 勝利の鍵は「連合」に

     国際標準化を舞台にした競争は、今後あらゆる産業で起きる。AI(人工知能)に欠かせないデータの仕様を巡る標準化がその1つ。日本企業はどう戦うべきか。野心的な取り組みが始まっている。

  • デファクトは時代遅れ 変わる「競争」ルール

     デファクトスタンダードがもてはやされたのは過去の話だ。今日のデータ時代においては、デジュール標準が再び中心に位置する。しかし標準化のプロセスや様々なルールは、ハード時代に比べて一変した。

  • GAFA、実は協調巧者 知られざる標準化戦略

     他社と協調して寡占企業に挑む、意外な手段で相手を出し抜く―。米国のIT大手は国際標準化を舞台に、激しい駆け引きを繰り広げている。知られざる主導権争いの裏側をのぞいてみよう。

  • デファクト時代は終わった、IT業界を制する新「強者の論理」とは

     デファクトスタンダードがもてはやされたのは過去の話だ。今日のデータ時代においては、デジュール標準が再び中心に位置する。しかし標準化のプロセスや様々なルールは、ハード時代に比べて一変した。

  • DXチームの躍進に「卓球台」が役立つ納得の理由

     ソフト開発工程での仕事の流れを紹介しましょう。開発チームが最も生産的に働けるように作業の枠組みを決めています。イテレーションと呼ばれる期間を定め、その枠組みの中で短期の目標を立てて活動します。イテレーションは1週間で、1日の活動時間は午前9時~午後6時です。

  • APIを親子に分ける サーキットブレーカーは慎重に

    APIのボトルネックを解消する

     分散システムでは様々な原因によって処理が遅延する。止まらないシステムに欠かせないのがAPIのボトルネックの解消だ。サーキットブレーカーは復旧まで処理を肩代わりできるが、注意点もある。

  • 先行する韓国・米国 ファーウェイは苦渋

     韓国や米国では一足先に5Gの商用サービスが始まっている。両国の展開方法は日本での5G展開を占う参考になる。基地局や端末のビジネスには米中摩擦の影響が垣間見える。

  • エラーの種類で対策を分ける 「半死に」ノードは自動削除

    システムの復元力を高める

     サービスを止めないためには素早い復旧作業が大切だ。分散システムでは冗長構成により完全停止を回避できる。システムの復元力を高める方法を学ぼう。

  • VRやAIと「連結」 ゲームも工場も大変革

     通信各社は消費者向けと業務向けの両面で5Gの用途を広げる。仮想現実(VR)やAI(人工知能)といった最新技術と組み合わせることで、スポーツ観戦やゲーム、工場、警備の在り方を5Gで変革する狙いだ。

  • キーを付与してデータを追跡 結果整合性を保証する

    分散データの整合性を保つ

     マイクロサービスでは分散したデータの整合性を保つのが難しい。回避法にはキーの付与や処理後のデータ突き合わせがある。NTTデータやTISの工夫を見よう。

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

経営

クラウド

アプリケーション/DB/ミドルウエア

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る