閉じる

特集:IT

  • システムはPWAで作るべし、グーグルとマイクロソフトも推奨

    PWA編(1)

     Webアプリをオフライン対応にしたり、プッシュ通知を可能にさせたりするPWA(Progressive Web Apps)に注目が集まっている。PWAは今後、特にスマートデバイス向けの業務システムにおいて重要になることが予想される。

  • 昇給や昇進に役立つIT資格トップ20

     IT関連資格の取得動向を探るため、「IT資格実態調査」として2018年8月、Webサイト「日経 xTECH」でアンケートを実施。編集部がピックアップした47種類のIT資格について、保有状況や役立ち度合い、取得意向を調べた。

  • Gunosy創業者はなぜブロックチェーンに賭けたか

     LINEやメルカリが自らブロックチェーン開発を手掛けて新たな経済圏を築こうとしている一方、企業によるブロックチェーン経済圏の構築を支援するITサービス企業も現れ始めた。

  • 倒産後も助けてくれた、ゼロ査定のオープンソースソフト

    もなみ屋 代表社員 邑中雅樹氏

     今月取り上げるのは、もなみ屋という自身が設立した会社を持つ邑中雅樹氏。TRON関連の組み込み技術者として知られていたが、現在は活躍するフィールドを仮想通貨に移している。今回は、最初に設立した会社が倒産した経緯やそこから復活できた理由などを聞いた。

  • 秘密プロジェクトにブロックチェーン、メルカリの野望を大胆予測

     「次のメルカリ」のコンセプトモデルだという「mercari X」。ブロックチェーンを応用したフリマアプリの試作版である。

  • 電子投票システムに負の歴史、ネット投票の課題

     総務省の有識者研究会は選挙でのネット投票の導入に道筋を付ける報告書をまとめた。複雑な要件をクリアするための具体的なシステム構成が見えてきた。一方で、実装に向けた課題も浮かび上がる。在外選挙から導入する──。総務省の有識者研究会は2018年8月、インターネット投票の導入に関する方針を報告書で示した。

  • AIの費用は高く性能が低い、調査で判明した課題

     AIの活用が進むにつれて課題も見えてきた。人材が足りず、データの収集と加工も十分でない。判断基準がブラックボックスになる不安を抱える。

  • さらばペッパー、契約更改を見送った企業の本音

     感情認識エンジンを搭載し一世を風靡したヒト型ロボット「Pepper(ペッパー)」。法人モデルの販売が4年目を迎えた今、レンタル契約の更改を予定する企業が15%にとどまる事実が日経 xTECHの調査で明らかになった。

  • LINEがブロックチェーンで構築、新経済圏の全貌

     LINEは2018年9月27日、ブロックチェーン上で発行した仮想的なコイン(トークン)を基盤とした新たな経済圏「LINE Token Economy」構想の詳細を明らかにした。

  • 専門家の技をAIに伝授、ボトルネック解消に動く花王や大林組

     「あの専門家の手が空くまで待つしかない」。そんな業務のボトルネックを高度なAIで解消しようと挑む企業が出てきた。大林組、花王、損害保険ジャパン日本興亜、商船三井などを追った。

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

経営

クラウド

アプリケーション/DB/ミドルウエア

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

もっと見る