閉じる

連載/コラム

  • お薦め100均デジタルグッズ

    USBやHDMIの端子を変換、困ったときに役立つ100均アダプター

     USBやHDMIは端子形状の種類が多く、機器によって実装が異なる。機器の端子と手持ちのケーブルの端子の形状が異なるために接続できずに困ったというのはよくある話だ。端子の形状が全く合わなくても、変換ケーブルや変換アダプターを用意すれば使えることがある。変換グッズは100均ショップで購入できる。

  • チームのお悩み相談室

    「チームがバラバラで助け合えない」という悩み

    第4回 集団凝集性を考えたチームづくり

     今回の相談は、「チームの和」についての相談です。みんな、自分に与えられた仕事しかせず、他の人のことを気に掛ける人なんていません。私は同僚の仕事が忙しくて残業になりそうになったら、できる範囲で手伝っています。でも、私が忙しいときには、誰も声を掛けてくれず、協力し合う意識の低さにはがっかりです。

  • 省エネNext

    2019年度ZEH支援事業、公募がスタート

     環境共創イニシアチブ(SII)は、環境省による2019年度ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)支援事業の公募概要を公開している。交付要件は、「ZEHロードマップにおけるZEHの定義を満たしていること」「ZEHビルダー/プランナーが設計、建築、改修または販売を行う住宅であること」など全6項目。

  • 週末スペシャル

    さあ日本ダービー、競馬情報もコンビニ複合機にお任せ

     コンビニに置かれているマルチコピー機が、今や競馬や競輪といった公営競技ファンの強い味方になっている。専門紙や予想をまとめたデータシートを販売しているのだ。知る人ぞ知る、コンテンツ流通経路としてのコンビニのマルチコピー機を紹介する。

  • 中田敦のGAFA深読み

    グーグルが「肺がん診断AI」、3D画像認識の威力を知らしめた

     物体の立体的な形状に基づいてそれが何かを判別する「3D(3次元)画像認識」は、AI(人工知能)の応用領域を広げる上で最重要技術になりそうだ。米グーグル(Google)が2019年5月20日(米国時間)に公表した「肺がん診断AI」は、3D画像認識の威力を世に知らしめた。

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

IT

製造

建築・住宅

土木

もっと見る