閉じる

連載/コラム

  • 2018年6月25日号 ねっとわーく

    催し物案内

     建設リサイクル事業の意識啓発や技術情報の周知を目的としたシンポジウム。海外の工事におけるリサイクル事例の紹介や来年の国際シンポジウムに向けたパネルディスカッションなど。定員400人(定員になり次第締め切り)■無料

  • 2018年7月号 ピックアップ新製品

    大正浪漫をテーマにデザイン

    マツ浪漫ドア

     大正時代の建物に使われていたドアを参考にデザインした信州産アカマツ製の室内ドア。「大正浪漫」をテーマに、全13デザインをラインアップした。長野県の林業を活性化する事業の一環で、信州産のアカマツを基材としている。無垢集成単板貼りで無塗装。受注生産品で納期は約1カ月となる。

  • 2018年6月25日号 ねっとわーく

    編集部から

     じわりと人気が高まっている3次元レーザースキャナー。写真測量だけでは物足りなくなったユーザーが、ものづくり補助金などを活用して購入しているという話をちらほら聞く。ドローンとは価格が1ケタも2ケタも違うので、購入する側の気合いは十分。特集の取材でも、「スキャナーを使い倒してやるぞ」という意気込みが伝…

  • 2018年7月号 ピックアップ新製品

    管理しやすくデザインが豊富

    アパートドアAXII

     12種類のデザインと13色をそろえた木造集合住宅用の玄関ドア。オプションとして「チェンジキーシステム」を用意している。管理者専用キーを使ってリセットすれば、各住戸の鍵の設定を変更できる。そのため、入居者が変わるたびにシリンダーを交換する手間が省け、コストを削減できる。

  • 2018年6月25日号 ねっとわーく

    読者から

    市民に伝えたいインフラの危機

  • 2018年7月号 とことん検証 省エネ住宅の実力

    温度バリアが快適さに影響

    短期集中連載 (3)(最終回) ~総括編~

     ZEHをはじめ省エネ性能の高い住宅のメリットを顧客に説明するためには、温度変化に対する意識付けと快適さに対する具体的なイメージの付与が重要だと、宿泊体験から分かった。省エネ住宅と築20年の住宅との比較実験を振り返りながら、顧客説明のポイントを探る。

  • 2018年7月号 クレームに学ぶ

    この基礎断熱じゃ信用できない

     基礎断熱工法を標準としているA工務店。拠点となる寒冷地域ではシロアリ被害の例はあまり聞かないものの、念のため対策として基礎内断熱を採用していた。だが最近、他の工務店に普及し始めた防蟻断熱材の評判がいいので、B社長はその材料を使って、基礎外断熱に変更しようと考えていた。

  • 2018年7月号 用語で学ぶ不動産入門

    隠れた瑕疵

     中古住宅の売買では「隠れた瑕疵」をめぐるトラブルが後を絶たない。その大半は、売り主が隠れた瑕疵の定義をよく理解していないことに起因する。それも本を正せば、不動産会社の担当者が十分な説明をしていないからだ。契約書を棒読みするだけでは、売り主の理解を得られない。後になって大きなトラブルに発展しかねない…

  • 2018年7月号 編集部から

    編集部から

     特集を執筆するに当たり、2003年に発行された「改正建築基準法に対応した建築物のシックハウス対策マニュアル」を読み直しました。同年7月の建基法改正で、1時間当たり0.5回の24時間換気が義務付けられた際に、国土交通省などが編集した講習会のテキストです。

  • フェルディナント・ヤマグチの走りながら考えるー日経 xTECH支店

    え! アルファのために7000億円?

    第426回 アルファ ロメオ ジュリア(インポーター編)

    FCAグループの総帥セルジオが投資家向けのプレゼンテーションで、「アルファ ロメオをもう一度プレミアムブランドとしてしっかり復活させる」と宣言したのです。でも、実際にモノとしてはどういうものを造るんだと。

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

IT

製造

建築・住宅

土木

もっと見る