閉じる

連載/コラム

  • ニュース&リポート

    みずほ銀行がアジャイルに挑戦 短期開発狙う、ツールも活用

     みずほ銀行は業務システムのアジャイル開発を始めた。第1弾として約20年稼働する外国為替予約システムの操作画面を刷新する。来月に迫った新勘定系システムの全面稼働を見据えて、攻めに転じる。

  • イラストで学ぶネットワークキーワード

    NAT

    IPアドレスを変換する技術

     NAT(Network Address Translation)は、TCP/IPの通信で使用するIPアドレスを変換する技術である。会社内や家庭内の閉じたネットワーク環境で使うプライベートIPアドレスと、インターネット上で通信するためのグローバルIPアドレスを相互に変換する。

  • NEWS close-up

    発表から3日間で2000件超の登録 掘り出し物の良ドメインは払底

    「令和」ドメインの登録ラッシュ

     2019年4月1日の新元号「令和」の発表直後、関連ドメインの登録ラッシュが起きた。大手レジストラ(ドメイン登録事業者)の登録件数は3日間で2000件を突破。オークションへの出品も相次いだ。分かりやすい文字列を使った「良ドメイン」はあらかた登録され尽くし、新たに取得するのは難しいだろう。

  • Python

    AIとの相性バッチリ 企業の導入相次ぐ

     Python人気の原動力はAI(人工知能)だ。AIシステムを開発するプログラミング言語としてPythonが最も使いやすいからだ。データ分析やインフラ管理など、Pythonの用途は広がっている。

  • テーマパークテック

    ファストパスを電子化 魔法で発券の行列消す

    東京ディズニーリゾート

     東京ディズニーリゾートはこの夏、優先搭乗券「ファストパス」を電子化する。来場者がアトラクションごとの発券所に足を運ぶ手間や発券の行列を無くす。ファストパスはスマホアプリに実装。楽しいパーク体験にするため、使い勝手も高める。

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

IT

製造

建築・住宅

土木

もっと見る