テクノロジーNEXT 2018 14BIT×全産業 キャッシュレス

14BIT×全産業 キャッシュレス 2018年6月14日(木) 10:00~16:30

キャッシュレス社会で生まれるビジネスチャンス非現金比率8割の未来へ官民一斉始動

 政府は2017年6月にまとめた「未来投資戦略2017」で、現在2割程度にとどまっているキャッシュレス決済比率を10年間で40%に引き上げるとの目標を掲げた。2018年4月には、経済産業省が「キャッシュレス・ビジョン」を公表。目標の前倒しに向け、強い意欲を見せる。民間でもクレジットカードに加えて、NFC(近距離無線通信)やQRコードを活用した新しいタイプの決済サービスが続々登場し、「脱現金」に向けて一気に機運が高まっている。キャッシュレス化社会はどのような道筋で実現し得るのか、そこから生まれるビジネスチャンスは?国内キーパーソンの戦略や、既にキャッシュレス社会を実現しているスウェーデンのケーススタディを基に、今後10年間の市場動向を占う。

【受講者特典】
日経FinTech ニューズレター4月号「決済業界 リストラの時」

開催概要

開催日時 2018年6月14日(木) 10:00~16:30(開場 9:15予定)
会場 ベルサール御成門タワー(東京・御成門)
東京都港区芝公園1-1-1 MAP ↗

プログラム

10:00 - 10:05

開会の挨拶

日経BP
日経FinTech編集長
原 隆

10:05 - 11:05

楽天グループが創るキャッシュレス社会

世界と比較して、キャッシュレス化が進まない日本。そのような中で、楽天ではクレジットカードを中心にQR決済、電子マネーなど、キャッシュレス社会の実現に向けた基盤を提供している。現在、楽天が展開するFinTech事業についてご紹介しながら、キャッシュレス化への世界の動き、日本におけるキャッシュレス推進の障壁、今後の展望などについて講演する。

穂坂 雅之 氏

楽天
代表取締役副会長執行役員
Fin Techセグメントリーダー カード&ペイメントカンパニー プレジデント
穂坂 雅之

プロフィール
1980年、オリックス・クレジットに入社し、主に個人向けローンカードなど新規商品の企画立案・推進等に従事。2003年、楽天にパーソナルファイナンス準備室長として入社し、楽天カードの前身である「あおぞらカード」の買収直後から、楽天におけるパーソナルファイナンスサービスの立ち上げを担う。以降、楽天の金融事業の拡大に貢献。現在は楽天㈱代表取締役副会長執行役員FinTechセグメントリーダー、楽天カード㈱代表取締役社長を務める。
11:05 - 12:05

キャッシュレス社会とクレジットカード

クレジットカードを日本で初めて発行し、小売・金融一体の独自のビジネスモデルで成長してきた丸井グループ。世界でキャッシュレス化がすすみ、さまざまな決済手段が現れる中、丸井グループのビジネスの中核であるクレジットカードはどうなるのか。日本でキャッシュレス化がすすまない理由から決済市場の今後など独自の視点で分析し、それを踏まえた丸井グループの今後のキャッシュレス戦略をご説明します。

青井 浩 氏

丸井グループ
代表取締役社長
青井 浩

プロフィール
1986年当社入社、常務取締役、副社長等を経て、2005年4月より代表取締役社長に就任。創業以来の小売・金融一体の独自のビジネスモデルをベースに、ターゲット戦略の見直しや、ハウスカードから汎用カードへの転換、SC・定借化の推進など、さまざまな革新をすすめる。ステークホルダーとの共創を通じて、すべての人が「しあわせ」を感じられるインクルーシブで豊かな社会の実現をめざす。
13:00 - 14:00

北欧キャッシュレスの実態

北欧ではキャッシュレス化が進んでおり、モバイルペイメントの利用が増えている。特に、スウェーデンでは現金流通額が減少を続けており、現金に代わる電子通貨の発行が研究段階にある。EUでは2018年に制度改正があり、決済サービス事業者の新規参入が相次いでいる。本講演では、ヨーロッパのキャッシュレス化を支えるインフラと制度を紹介する。日本でも2018年に銀行法改正や全銀システムの改革が予定されており、モバイルペイメント元年になる。ヨーロッパ以外のキャッシュレス化も適宜紹介したい。

川野 祐司 氏

東洋大学
経済学部教授
川野 祐司

プロフィール
1976年生まれ。大分県出身。2016年より現職。(一財)国際貿易投資研究所客員研究員、日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)。専門は金融政策、国際金融論、ヨーロッパ経済論。主要著書『ヨーロッパ経済とユーロ』文眞堂。
14:10 - 15:10

キーパーソンが占う「Pay」戦争の行方

長福 久弘 氏

LINE Pay
取締役COO
長福 久弘

プロフィール
2009年ライブドア(現LINE株式会社)に入社後、2013年に店舗・企業向けLINEアカウント「LINE@」のビジネス拡大のため、LINE Business Partners株式会社に出向し、営業・マーケティング・サポート部門を統括。2014年4月よりLINE Business Partners株式会社代表取締役社長に就任。モバイル送金・決済サービス「LINE Pay」事業拡大のため、2017年12月にLINE Pay株式会社とLINE Business Partners株式会社が合併し、現職の取締役COOに就任。
谷田 智昭 氏

ヤフー
執行役員 コマースカンパニー 決済金融統括本部長
谷田 智昭

プロフィール
上智大学理工学部卒。クレジットカード会社を経て2003年ヤフー入社。「Yahoo! JAPAN ID」、「Yahoo!ウォレット」などのID決済プラットフォーム事業を担当し、ID決済ソリューションのオープン化に従事。システム統括本部企画部長などを経て、2012年執行役員R&D統括本部長。2018年より現職。ワイジェイカード株式会社代表取締役会長、株式会社Tポイント・ジャパン取締役、株式会社ジャパンネット銀行取締役などを兼任。
神田 潤一 氏

マネーフォワードフィナンシャル
代表取締役社長
神田 潤一

プロフィール
1994年東京大学経済学部卒業、同年日本銀行入行。2000年に米イェール大学より修士号を取得。2004年より日本銀行金融機構局で、主要行や外国金融機関などのモニタリング・考査を担当。2011年に日本生命に出向し、2012年まで運用リスク管理を担当。2014年より日本銀行金融機構局 考査運営課市場・流動性リスク考査グループ長。2015年8月から2017年7月まで金融庁に出向し、総務企画局 企画課 信用制度参事官室 企画官として、日本の決済制度・インフラの高度化、およびFinTechに関連する調査・政策企画に従事。2017年9月に株式会社マネーフォワードに入社。
15:10 - 15:40

近鉄グループの新たな挑戦「デジタル地域通貨による地域活性化モデルの構築」

昨年9月、当社は、株式会社三菱総合研究所とともに、フィンテックの核心技術であるブロックチェーンを活用したデジタル地域通貨「近鉄ハルカスコイン」の社会実験を、日本一の高さを誇る「あべのハルカス」で実施いたしました。今回は、参加者が4,000名、参加店舗が200店という日本最大規模だったことで、数多くの関係者の関心を集めた実証実験となりました。本講演では、その実験結果について詳しく解説するとともに、現在、当社が検討を進めている、デジタル地域通貨を用いた地域活性化モデルの概要を説明いたします。

山本 寛 氏

近鉄グループホールディングス
事業開発部長
山本 寛

プロフィール
平成3年、近畿日本鉄道株式会社入社。平成25年、同社生活関連事業本部不動産事業統括部資産活用事業部長。平成27年、近鉄グループホールディングス株式会社事業開発・グループ連携推進部長。平成28年、同社事業開発部長、現在に至る。
15:40 - 16:30

アリペイが顧客のために目指し続けていること
~ビッグデータでつなぐ、訪日観光客と日本のビジネス~

田中 豊人 氏

アリババ株式会社 代表執行役員副社長
アント フィナンシャルジャパン 代表執行役員COO
田中 豊人

  • ※途中、休憩が入ります。
  • ※講演時刻等、随時更新いたします。また、プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承願います。

お申し込み

受講料:49,800円(税込)

注意事項

※昼食付きです。
※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。

■受講料のお支払い:
お支払い方法が「請求書」の方には、後日、受講券・請求書をご郵送いたします。
ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますので、あらかじめご了承ください。
クレジットカード支払いの方には、後日、受講券をご郵送いたします。

■お申し込み後のキャンセルおよび欠席など:
お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
会場までの交通費や宿泊費は、受講される方のご負担となります。講師等の急病、天災その他の不可抗力、その他やむを得ない事情により、中止する場合があります。この場合、受講料は返金いたします。

■最少開催人員:
50名。参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。