閉じる

書籍

  • 失敗しないRPA

    日本人の働き方改革が急速に見直され、その流れに組み込まれたことで「RPA」は脚光を浴びている。本書では、多くの企業が経験している「RPAの5大落とし穴」を取り上げ、その回避策をまとめている。RPAの全社展開には欠かせない1冊だ。

  • PAGが10万m2の複合タワー、モルガン・スタンレーから

    ▼特集/大阪の不動産投資市場▼オフィス市況トレンド/アナリスト予測

  • データレバレッジ経営

    デジタルトランスフォーメーションの現実解

    「IoTを導入してみたが、見るべき成果が出ない」「AIを活用したいが、何に使ってよいのか見当がつかない」。そんな悩みを抱える経営者やIT担当者が増えています。本書はその悩みにDXの第一人者がずばり答える待望の一冊。

  • 企業ITに人工知能を生かす AIシステム構築実践ノウハウ

    「AIをこれから活用しよう」というITエンジニアやマネジャーに向けて、AIを活用した業務の高度化や、AIを組み込んだシステムの構築などを実践するために、知っておきたい基本的な知識や、AI活用のノウハウを解説します。

  • IT負債

    著者が米国のクラウドベンダーやユーザー企業を見てたどり着いた1つの答えが、「マイクロサービスによる基幹系システムの刷新」だ。単純に刷新するのではなく、業界共通部分はエコシステム化を提唱するなど、意欲的な内容である。

  • アフターデジタル

    オフラインのない時代に生き残る

    筆者らはオフラインがなくなる世界を「アフターデジタル」と呼んでいます。その世界を理解しその世界で生き残る術を本書で解説しています。デジタル担当者はもちろんのこと、未来を拓くビジネスパーソンに読んでほしい1冊です。

  • ビジネスの構築から最新技術までを網羅 AIの教科書

    これからAIを学ぶ人に向けた入門書。ビジネスへの活用法から最新技術までをカバーした、「最初に手にすべきAI本」

  • インフラ投資

    PPP/PFI/コンセッションの運営と契約・実務

    国内で市場が拡大しつつあるPPPやPFI、コンセッションを含むインフラ投資の実務について、第一線で活躍する弁護士とリサーチャーが解説。

  • プラットフォーム経済圏 GAFA vs. 世界

    無償のサービスにもかかわらず、巨額の富を生むプラットフォーマー。そのからくりをトップエコノミストが解き明かすとともに、世界で起こっている「対GAFA」の動向も解説する。

  • 2019年度改正 完全対応 技術士第二次試験 建設部門 最新キーワード100

    技術士試験の2019年度の改正に合わせて18年版を大幅に改訂。必須科目や選択科目の論述で不可欠のキーワードを1冊に集約しました。

  • 香港ガウ・キャピタル、840億円でグリーンオークから

    ▼特集/これからできる大規模オフィスビル▼開発トレンド/東京・横浜の建築計画調査

  • あなたがセキュリティで困っている理由

    本書は、サイバー攻撃の手口をていねいにやさしく解説し、正しい対策を紹介しています。セキュリティで困っているあなたの答えがきっと見つかるでしょう。

  • マニュファクチャー2030 未来の製造業

    本書は「日本の製造業の未来」についてまとめたものです。日本の製造業が再び世界一の座に返り咲くために技術面、経営面から提言をします。

  • これからできる大規模オフィスビル調査データ2019(CD-ROM)

    2018年に完成または2019年以降に完成予定の都内126の大規模ビルプロジェクトの詳細データを、加工が可能で独自の分析に便利なExcelファイル形式で収録しています。

  • 千数百億円で保留床、日鉄興和・第一生命など6社が取得

    ▼特集/MIPIM特派報告▼オフィス市況トレンド/成約賃料調査▼売買事例分析/1月~3月の動向

  • 企業IT動向調査報告書 2019

    「AI」や「IoT」「RPA」などを活用した業務プロセスや商品・サービスの変革は、もはや待ったなしです。これに立ち向かうIT部門は、様々な問題に直面しています。課題解決のベンチマークとなるのが「企業IT動向調査報告書 2019」です。

  • 空飛ぶクルマ

    電動航空機がもたらすMaaS革命

    「空飛ぶクルマ」とは、航空機と自動車が融合した新しいモビリティーだ。巨大市場に急成長する可能性を秘め、世界中で競争が激化している。空飛ぶクルマを巡る一連の動きをまとめた本書を通じて、巨大産業の産声を感じてほしい。

  • TECHビジネス大全

    SEの進む道は明確である。ITを駆使してユーザー企業の本業を支援する「TECHビジネス」を推進する。これが本流となるだろう。本書にてTECHビジネスの実態を研究し、新しいタイプのエンジニアとして活躍してほしい。

  • Web技術 最強の指南書

    Webを使ったシステムが全盛の現在、ITエンジニアにとってWebの知識は不可欠です。本書では、文章を読むだけでは難解なWeb技術を、豊富なイラストや図を使って分かりやすく解説しています。

  • 無料!ダイジェスト版と記事見本をダウンロードできます

    今なら「日経不動産マーケット情報」の記事を無料進呈!

    お一人様1回に限り、無料で「ダイジェスト版」と「記事見本」がダウンロード可能です。