デジタル革新とネットワーク、セキュリティの深い関係

 ITベンダーの評価は、デジタル変革をどう支援できるかという点が重視されるようになった。NECは、組織体制を改組するなどして支援体制を強化しているという。同社 セキュリティ・ネットワーク事業部 事業部長 尹 秀薫(ゆん すふん)氏に話を聞いた。

顧客企業のデジタルトランスフォーメーションを支援するために組織体制を改めたと聞きました。どのような改編を行ったのでしょうか。

 従来、ネットワークSI事業や運用支援を中心とする事業を担っていた「スマートネットワーク事業部」を改編し「セキュリティ・ネットワーク事業部」として新しいスタートを切りました。文字通り、ネットワークとセキュリティの連携・融合を意識した事業を展開していきます。

なぜ、そのような改編が必要だと考えたのでしょうか。

 現在、多くの企業がデジタルトランスフォーメーションに取り組んでいます。NECも多くのお客様と共に革新にチャレンジし、様々な取り組みを進めています。

例えば、スマート工場の実現に向けたIoT(Internet of Things)活用、AI(人工知能)を活用した高精度な需要予測などの事例があるほか、製造、物流、卸売・小売まで、すべてのサプライチェーンをつなぎ、商品の発注と工場の生産管理を連動させたり、工場の生産進捗をリアルタイムに物流の配車計画に反映させたりするソリューションもあります。

 革新の中心にあるテクノロジーはIoTやAIですが、もちろんそれだけではありません。デジタルトランスフォーメーションを支えるICT環境は、これまで以上に運用性や俊敏性、そして安全性を備えたものでなければなりません。運用性、俊敏性のカギを握るネットワークに加え、安全性そのものともいえるセキュリティがデジタルトランスフォーメーションにおける重要な基盤となります。

ネットワークやセキュリティが重要な理由をもう少し詳しく教えてください。

 先ほどご紹介した事例をはじめ、あらゆる革新は、多種多様なモノやサービス、情報がつながることで実現します。また、つながるデバイスがある場所も、オフィスだけとは限りません。カバーしなければならない対象も範囲も著しく拡大する中で、ネットワークは、ビジネスからの求めに応じて、あらゆるモノやサービス、情報をつないでいかなければならないわけです。

 次いで、これまではサイバー攻撃の対象にはならなかったデバイスでもインターネットにつながるとなると話は変わります。工場の制御機器が乗っ取られる、監視カメラの映像が盗まれるなど、様々なリスクの増大が想定されます。サイバー攻撃によって工場が操業停止に追い込まれたケースが国内外に多数あることは、みなさんもよくご存じではないでしょうか。ですから、安全につなぐことは、デジタルトランスフォーメーションにおける重要な要件となります。

 このような背景から、ネットワークとセキュリティ自体にもトランスフォーメーションが求められているのです。

NEC セキュリティ・ネットワーク事業部 事業部長 尹 秀薫氏