自動車、インフラ、生体材料、デジタル機器など幅広い分野での活用が期待され自己修復材料。その最先端の研究・開発動向を解説するとともに、素材発のゲームチェンジングテクノロジーが生み出す新たな市場と可能性を予測します。