• ※本講座は一般財団法人日本科学技術連盟と日経BP社による共同開催です。受講申込の受付は日経BP社が行い、お預かりした受講者情報を日経BP社から共同の主催者である一般財団法人日本科学技術連盟にお渡しします。それ以降は、各法人それぞれの責任において管理されます。ご了解の上、お申し込みください。
  • ※日本科学技術連盟賛助会員の方は、日本科学技術連盟の会員向け申し込みページからお申し込みください。

日本企業の多くは世界に冠たる品質を実現させた一方で、低収益を余儀なくされてきました。「品質コストマネジメント」は、この壁を打ち破り、品質の向上のみならず、品質管理を通じてきちんと利益(Return on Quality)を生み出す仕組みの構築を支援します。

「品質コスト」は、統合的品質管理(TQC)や総合的品質管理(TQM)を支える重要なツールとして米国で誕生し、半世紀を越えて活用されてきました。品質管理をまさに投資と位置づけ、その費用対効果を見極めるとともに、より収益性の高い製品および市場の開拓に貢献してきました。ところが、日本では品質コストがあまり注目されてきませんでした。それでも、およそ21世紀を迎えたあたりから、品質問題が多発するようになったことを受けて、日本でも品質コストを導入する企業が急増するようになったのです。

ところが、その特徴を生かして品質コストを十分に使いこなせている日本企業はそう多くはないというのが現状です。それどころか期待した効果が得られず、数年で導入を断念する企業も現れています。

実は、日本企業には品質コストを正確に把握することが困難であるという事情もあります。これは、主に我が国特有の品質管理実践によるものです。日本製の工業製品の品質をまさに世界最高の地位に押し上げたその実践のあり方を変えてまで、品質コストを導入する意味はありません。それ故に、品質コストを測定・評価する意義そのものに懐疑的な目を向ける経営者や管理者も少なくないのです。

言うまでもなく、どれほど優れた経営ツールであっても、使い方はもとより、使う場所やタイミングを誤っては何にもなりません。日本の企業には、その組織や経営風土にあった使い方の工夫とともに、的確なアレンジも必要です。そして、その意味で品質コストを正しく活用するようになれば、品質に伴うリスクを低減するともに、品質管理に勝る投資はないと実感できるようになるに違いありません。

本講座では、そうした日本の組織および経営風土に適した品質コストマネジメントの実践に必要な変革のあり方を展望するとともに、そのために必要な具体的な支援ツールの活用法を、PCを使った演習を通じて習得することを目指します。

なお、本講座は日経BP社(日経ものづくり)と日本科学技術連盟が共催するものです。

受講効果

  • 品質コストマネジメントの効果的な進め方を学習し、その成果を実践に生かすことができます。
  • 品質コストの測定および分析の方法を体系的に習得することができます。
  • 品質コストの測定、分析、活用のさまざまな場面で遭遇する疑問に的確に答えます。
  • 品質コスト、特に失敗コストを効果的に低減するための手法について、演習形式で体験的に学習することができます。
  • 測定や予測が困難な機会損失の見積るための具体的な方法を提示します。

講師紹介

伊藤 嘉博 氏 (いとう・よしひろ)

早稲田大学
商学学術院 教授

伊藤 嘉博 氏

早稲田大学商学学術院教授。博士(商学)早稲田大学。

1981年、早稲田大学大学院商学研究科博士後期課程満期退学後、城西大学経済学部専任講師、成蹊大学経済学部助教授・同教授、上智大学経済学部教授、神戸大学大学院経営学研究科教授を経て、2005年より現職。日本会計研究学会理事、日本原価計算研究学会常任理事、日本管理会計学会常務理事、公認会計士試験委員などを歴任。著書に『品質コストマネジメント~品質管理と原価管理の融合~』(中央経済社、日経品質管理文献賞、日本原価計算研究学会賞受賞)、『品質コストマネジメントシステムの構築と戦略的運用』(日科技連出版社)、『バランスト・スコアカード~理論と導入~』(共著、ダイヤモンド社)、『管理会計のパースペクティブ』(上智大学出版会)、『コストマネジメント入門』(日本経済新聞社)などがある。

概要

日時: 2018年9月10日(月)10:00~17:00(開場9:30予定)
会場: 日本科学技術連盟 東高円寺ビル(東京・高円寺)
主催: 日経ものづくり、日本科学技術連盟

受講料(税込み)

  • 一般価格:49,800円
  • 読者・会員価格:43,200円
■読者・会員価格
「読者・会員価格」は、日経エレクトロニクス、日経ものづくり、日経Automotive各誌の定期購読者の方(日経 xTECHとのセットを含む)あるいは、旧・日経テクノロジーオンライン年払い有料会員(675から始まる読者番号)が対象です。なお、対象が変更となる場合があります。
  • ※受講料には、昼食は含まれておりません。
  • ※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。

プログラム詳細

10:00 - 17:00

1. 品質コストの技術的特性の確認

  • 1.1 品質コストに関する知識レベルを合わせよう
  • 1.2 品質コストの分類と集計のためのテクニック
  • 1.3 (演習)数値例を用いた理解度チェック

2. 品質コストの分析と報告

  • 2.1 品質コストの基本的な分析法
     2.1.1 トレンド分析
     2.1.2 品質コストパレート分析
     2.1.3 比率分析
  • 2.2 (演習)品質コストのトレンドチャートを作成してみよう
  • 2.3 品質コストレポートの作成
  • 2.4 (演習)品質コストのトレンド分析から品質コストレポートの作成までを体験しよう

3. 失敗事例から学ぶ品質コストマネジメントの落とし穴

  • 3.1 我が国の品質管理実践と特殊性が招く品質コストマネジメントの盲点
  • 3.2 失敗コスト偏重型の品質コストマネジメントの功罪
  • 3.3 我が国の品質管理実践に適した品質コストシステムの構築(フィードバック型からフィードフォワード型への転換)

4. フィードフォワード型品質コストマネジメントの進め方

  • 4.1 フィードフォワード型品質コストマネジメントのツールキット
     4.1.1 オーバービューからプロジェクトベースへの移行
     4.1.2 品質コストドライバー分析
     4.1.3 測定できないものは管理できない(見えない品質コストを見える化する)
     4.1.4 品質コストマトリックスは万能ツール
  • 4.2 (演習)品質コストドライバー分析を体験してみよう
  • 4.3 (演習)機会損失を組み込んだ品質コストレポートを作成してみよう

5. 品質コストマトリックスを活用した品質改善計画の立案

  • 5.1 品質コストマトリックスとはなにか
  • 5.2 品質コストマトリックスの基本構造
  • 5.3 (演習)品質コストマトリックスを作ってみよう

6. グループ討論による理解度の確認と調整

  • ※途中、昼休憩と午後の小休憩が入ります。
  • ※講演時刻等、随時更新いたします。また、プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承願います。
■受講料のお支払い
お支払い方法が「請求書」の方には、後日、受講券・請求書を郵送いたします。
ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますので、あらかじめご了承ください。
クレジットカード支払いの方は、受講証はMyPageから印刷してご持参ください。
■お申し込み後のキャンセルおよび欠席など
お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
会場までの交通費や宿泊費は、受講される方のご負担となります。講師等の急病、天災その他の不可抗力、その他やむを得ない事情により、中止する場合があります。この場合、受講料は返金いたします。
■最少開催人員
15名。参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。