米グーグル(Google)は2020年1月14日(現地時間)、同社のWebブラウザー「Chrome」が今後2年以内に「サードパーティークッキー(Cookie)」の利用を段階的に停止するとブログで公表した。Web閲覧時のプライバシー保護を求めるユーザーの声に対応する。

米グーグルのブログ画面
(出所:米グーグル)
[画像のクリックで拡大表示]

 サードパーティークッキーはユーザーがアクセスしたWebサイトのドメイン以外のインターネット広告事業者といった第三者が、ユーザーの端末にデータを保存して他のサイトからWebブラウザーなどを識別できる。ユーザーがどの情報を閲覧したか、どの商品を購入したかといった行動履歴を追跡して、個別広告の自動表示などに利用できる。

 グーグルは2019年8月に提唱した「プライバシーサンドボックス(Privacy Sandbox)」と呼ぶプライバシー保護強化を目指すオープンな標準仕様の策定を通じて、Webの新たなエコシステム構築を目指している。同社はこの取り組みを通じて2020年内にユーザーや広告媒体(パブリッシャー)、広告主のニーズに対応した広告の効果測定やパーソナライズのための新たなツールを開発する代わりに、サードパーティークッキーのサポートを段階的に廃止する計画だという。

 サードパーティークッキーについては、米アップル(Apple)のWebブラウザー「Safari」が2017年9月に公開したバージョンから利用を制限する機能を搭載した。米モジラ財団(Mozilla Foundation)の「Firefox」も2019年6月に公開したバージョンから初期設定でブロックする仕様に変更した。米スタットカウンター(StatCounter)によると、全世界のWebブラウザーシェアは2019年12月時点でChromeが首位の63.62%を占め、Safariは17.68%、Firefoxは4.39%にとどまる。