日本マイクロソフトは2020年1月14日、Windows 7のサポートを終了した。サポート終了後もWindows 7がインストールされているパソコンを使い続けることはできるが、セキュリティー更新プログラムは提供されない。同社はマルウエアへの感染やフィッシング詐欺、情報漏えいといったリスクが高まるとして、専用の問い合わせ窓口を開設してWindows 10への移行を推奨している。

 同社の推計によればWindows 7を搭載するパソコンは国内で約1400万台。Windows 7プロフェッショナルか同エンタープライズを使用し、Windows 10への移行が間に合わない法人ユーザーには、2023年1月までセキュリティ更新プログラム「Windows 7 Extended Security Update(ESU)」を有償で提供している。

 問い合わせ窓口の番号は、0120-41-6755。土日祝日と同社が指定する休業日を除く、午前9時から午後5時半まで対応する。