レッドハットは2019年12月12日、Red Hat OpenShiftのマネージドサービスを手掛ける事業者を支援するプログラム「Red Hat OpenShift Managed Practice Program」を発表した。米レッドハット(Red Hat)がPaaS(Platform as a Service)「OpenShift Dedicated」の運用で培ったノウハウを国内のIT企業に提供する。

 Red Hat OpenShiftは、コンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」をベースにしたPaaS基盤ソフトウエアだ。オンプレミス環境やプライベートクラウドにインストールして利用できるほか、国内外の様々なIT企業がRed Hat OpenShiftを基盤としたクラウドサービスやマネージドサービスを展開している。どのインフラを利用しても、同じようにコンテナ化したアプリケーションを配置して動作させられるのが特徴だ。

 レッドハットが新たに提供する支援プログラムは、Red Hat OpenShiftのマネージドサービスの提供事業者が対象。発表時点でNEC、NTTコムウェア、NTTデータ、伊藤忠テクノソリューションズ、日本IBM、野村総合研究所、日立製作所、富士通の参加が決定している。米レッドハットのOpenShift Dedicated運用チームによるワークショップ、同チームとのディスカッション、専門家による勉強会などを通じて、米レッドハットのノウハウを支援プログラム参加事業者と共有する。