アクセンチュアは2019年12月11日、企業の基幹業務システムをパブリッククラウド環境に構築・運用する「アクセンチュア クラウドネイティブ コアソリューション(通称:MAINRI)」を発表した。クラウド環境を活用し、DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進に必要な柔軟性と機動性を備えた基幹システムを実現できるという。

 基幹業務システムのマイクロサービス設計やAPIによる外部サービスとの連携機能、顧客行動データなどを即時に分析できるプラットフォームの構築・運用などから成る。アクセンチュアの山根圭輔テクノロジー コンサルティング本部インテリジェントソフトウェアエンジニアリングサービス グループ日本統括マネジング・ディレクターは「DX推進には周辺システムの変更だけでなく、基幹システムや業務プロセスまで変えることが重要だ」と同ソリューションの意義を説明する。

 既にふくおかフィナンシャルグループが採用し、新銀行「みんなの銀行」の勘定系システムに導入する予定だ。アクセンチュアは金融業界をはじめ、基幹業務システムのクラウド化が求められる「あらゆる業界に展開していく」(山根マネジング・ディレクター)。

アクセンチュアの山根圭輔テクノロジー コンサルティング本部インテリジェントソフトウェアエンジニアリングサービス グループ日本統括マネジング・ディレクター
[画像のクリックで拡大表示]