ソフトバンク、3Gを2024年1月終了と発表

2019/12/06 18:03
金子 寛人=日経 xTECH/日経コンピュータ

 ソフトバンクは2019年12月6日、第3世代移動通信システム(3G)サービス「SoftBank 3G」を2024年1月に終了すると発表した。既にKDDI(au)は2022年3月、NTTドコモは2026年3月にそれぞれ3Gサービスを終了すると発表しており、携帯大手3社の3Gサービスの終了時期が明確になった。

 ソフトバンクは旧J-フォン時代の2002年12月に3Gサービスを開始。2012年2月にLTE方式の4Gサービス「SoftBank 4G」を開始してからも3Gサービスを継続していた。その後、2017年3月に1.5ギガヘルツ帯、2018年1月に1.7ギガヘルツ帯の利用を終了し、現在は2.1ギガヘルツ帯と同社が「プラチナバンド」と呼ぶ900メガヘルツ帯でのみサービスを提供している。2019年12月3日には、SHA-2形式のサーバー証明書に非対応の3G端末で、URLが「https://」で始まるWebページの閲覧やGPSによる測位をはじめ、付加機能の大半が利用できなくなっていた。

 携帯大手3社は2020年春に5Gサービスを開始する予定。今後、3G契約のユーザーを4Gや5Gへ移行させるための取り組みが本格化しそうだ。

お知らせ

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング