宇宙航空研究開発機構(JAXA)とスカパーJSATは2019年12月3日、2019年4月に締結した譲渡契約に基づき、JAXAが保有・運用していた小型実証衛星4型(SDS-4)が12月2日17時をもってスカパーJSATに譲渡されたと発表した。

 JAXAが開発した人工衛星を民間企業に譲渡した初めての事例となる。SDS-4は、スカパーJSATが初めて自ら保有・運用する低軌道衛星となる。

 JAXAが運用中の人工衛星の中には、今回のSDS-4のように当初のミッション目的を達成し後期利用段階の衛星が存在する。JAXAとスカパーJSATは、「これらの人工衛星を民間企業が主体となり活用することは、新たな宇宙産業の拡大につながると期待され、今回のSDS-4の譲渡はその第一歩」と位置付けている。