富士通は2019年12月2日、理化学研究所と共同で開発したスーパーコンピュータ「富岳(ふがく)」の出荷を始めた。約400台のコンピュータラックを2020年6月までに製造する計画で、理研の計算科学研究センター(神戸市)に設置する。同日、第1弾となる6台のラックを出荷するセレモニーを開催。富岳の製造工場も公開した。

「富岳」のコンピュータラック
ラック1台あたり192枚のメインボードを搭載する。メインボード1枚につき2個のCPUを搭載するので、ラック1台あたりのCPUは384個だ。写真は動作テスト中のもの。(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 富岳の開発・評価・製造の拠点は全国3カ所にまたがる。富士通の川崎工場にハードウエアとソフトウエアの開発拠点が、同じく沼津工場にソフトウエアの開発拠点とシステムの評価拠点がある。製造拠点は富士通ITプロダクツ(石川県かほく市)で、今回のセレモニーは同社で開催した。

 同社は、富士通におけるコンピュータシステムの基幹工場だ。かつて、スパコン「京(けい)」を製造した経緯がある。セレモニーで、同社社長の加藤真一氏は「京を製造した経験が富岳に生きている」と語った。

富士通ITプロダクツ社長の加藤真一氏
(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 2019年秋ごろに富岳の製造を開始するまで、同社は約2年間を掛けて試作機の生産や生産ラインの構築といった量産準備を進めてきた。例えば、VPS(Virtual Product Simulator)を使って事前に組み立てのし易さを検証することや、画像処理による検査工程の導入などである。