米Diodes(ダイオーズ)は、ホスト側とクライアント側の両方に使える「USB BC(Battery Charging) 1.2」準拠の充電タイプ検出IC「PI3USB9201」を発売した。同社によると、「従来品は、ホスト側専用、もしくはクライアント側専用だった。ホスト側とクライアント側の両方に使える今回の新製品を使えば、在庫で抱える型番と数量を減らせるため、コストを削減できる」という。USB Type-Cインターフェースを搭載するノートパソコンや、タブレット端末、スマートフォン、ドローン、小型家電機器などに向ける。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら