米ツイッター(Twitter)が6カ月以上ログインの形跡がないTwitterユーザーに対して、2019年12月11日(米国時間)までにログインをしないとアカウントを完全に削除すると呼びかけていることが分かった。

 日経コンピュータの取材に対して米ツイッターの日本法人は、ユーザーにアカウント削除の通知を始めたことを認めた。「公共の場での会話を提供する一環として、Twitter上の情報をより正確で信頼できるものとするため」(同社)という。Twitterの「運営の痕跡がないアカウントに関するポリシー」に沿って、ユーザーにアクティブに利用してもらうための対応とした。

 同ポリシーでは「アカウントをアクティブな状態に保つには少なくとも6か月ごとにログインしてツイートすること」「アクティブでない期間が長期にわたるとアカウントが恒久的に削除される場合がある」としている。

 アカウントの削除は数カ月から1年かけて行う。同日、「休眠アカウント削除」が日本のTwitterでトレンド入りしていた。