NTTドコモは2019年11月26日、定額制料金プラン「ギガホ」と従量制料金プラン「ギガライト」の契約者に対し、アマゾンジャパンのECサイト「Amazon.co.jp」の有料会員「Amazonプライム」の1年分の契約を特典として付与すると発表した。2019年12月1日に開始する。

NTTドコモの吉沢和弘社長(左)とアマゾンジャパンのジャスパー・チャン社長
[画像のクリックで拡大表示]

 「ギガホ」向け特典は恒常的なものとして提供する。「ギガライト」向け特典は期間限定のキャンペーンという位置付けだが、終了時期は明示していない。いずれも特典期間はAmazon.co.jpのWebサイトでユーザーが手続きをしてから1年間であり、1年経過後は有料のAmazonプライム会員に自動的に移行する。既にAmazonプライムの会員になっている場合は、有効期限が1年間延長される。

 NTTドコモの吉沢和弘社長は会見で、ギガホとギガライトを合わせた契約者数が九百数十万件に達しており、2019年12月の初めには1000万件を超える見通しであると明らかにした。「(2020年3月末の目標である)1700万件に向け、魅力的な価値を付加して料金プランを磨き上げる必要がある」と狙いを表明した。

 ドコモは自社運営のECサイト「dショッピング」もあるが、その一方でアマゾンジャパンと組んだ理由について、「ECサイトでのd払いの利用実績はAmazon.co.jpが最も多く、連携することで当社の料金プランやd払い、dポイントの魅力を高められると考えた。アマゾンジャパンもAmazonプライムに未加入のドコモ契約者にアプローチでき、互いのメリットが出る」(吉沢社長)とした。

 携帯サービスとECとの連携を巡っては、「楽天市場」を持つ楽天傘下の楽天モバイルが2020年春までをめどに自営網による4Gの本格サービスに移行する見通しだ。楽天グループの4G参入を前に、ドコモはEC領域でユーザーメリットを訴求することで契約者の流出を防ぐ狙いとみられる。