九州電力の通信子会社QTnet(福岡市)のデータセンターで障害が発生した件で、楽天カードや福岡県など約260社・自治体が影響を受けたことが分かった。電源設備の更新作業中に何らかの原因でデータセンター内のサーバーに電源を供給できなくなったことで発生した。

緊急メンテナンス中を知らせる楽天ペイのスマホアプリ画面
[画像のクリックで拡大表示]

 QTnetによるとデータセンターの電源は既に復旧したものの、利用企業のシステムは2019年11月25日午前7時で約260社中41社がまだ復旧できていないという。

 影響を受けた1社であるクレジットカードの楽天カードでは、11月23日朝に利用できなくなった。11月23日中に決済機能は復旧したものの、クレジットカードによる借り入れが利用できないなど、一部機能は復旧中だ。

 また、スマホのQRコード決済である楽天ペイも利用できなくなった。11月23日中に復旧したが、11月25日午前10時の時点で緊急メンテナンス中になっていて、利用できない状態になっている。