NECが開発中のドローンが試験飛行中に制御を失ってから、2019年11月22日時点で2週間近く行方不明が続いている。NECは事業所周辺の捜索を続けているがまだ見つからず、近隣でビラを配るなどして発見時の連絡を要請している。

NECが近隣に配ったドローン発見時の連絡を要請するビラ
(出所:NEC)
[画像のクリックで拡大表示]

 NECは2019年11月18日、東京府中市にある府中事業所で2019年11月10日に試験飛行していたドローンが制御不能になり、事業所外で紛失したと発表した。ドローンは産業用途で開発しており、4枚あるプロペラ間の長さが縦横1メートルで、重量が7キログラムという。

 事業所内で試験飛行していたが途中で制御不能となり、事業所外へと飛んでいってしまったという。駆動時間は1時間弱で、飛行性能や途中までの追尾から府中事業所から10キロメートル圏内で不時着したか、自動モードで着陸した可能性があるという。警察に遺失物届を提出し、地上での捜索に加え、軽飛行機からの空撮でも探しているが発見できていない。

 府中事業所の周辺は住宅地が多く商業エリアもある。NECは、ドローンを発見した場合は機体に触れずに最寄りの警察署に連絡するか、NECのコールセンター(電話番号:0120-801-116)に連絡するように要請している。今回の事態を受けて、NECは再発防止策も講じるとしている。