SHOWROOMは2019年11月21日、電通とニッポン放送、ドリームインキュベータ、GMOインターネット、アカツキなど7社からの資金調達などにより、総額31億円を確保したと発表した。

 今回の資金調達により、(1)テクノロジー人材の徹底強化、(2)マーケティング投資による事業加速、(3)新規事業への挑戦(新しい動画メディアの開発やそれに伴う海外展開の検討、AR/VR技術を活用した事業の開発など)――の三つに焦点を当て、今まで以上のスピード感をもって事業を展開する。

 今後、SHOWROOMは今回出資した企業と更なるパートナーシップの強化を図る。各社との様々なコラボレーションの順次展開も予定する。