電通は2019年11月19日、民放のキャッチアップ配信サービスのコンテンツ内にインストリーム動画広告(動画内に流れる広告)を配信する「Premium Reserveインストリーム動画広告」の提供を同日に開始したと発表した。電通デジタルおよびサイバー・コミュニケーションズ(CCI)と共同で展開する。

 インストリーム動画広告の配信先コンテンツは、(1)有力な媒体社によって管理された動画コンテンツであること(ユーザー投稿型の動画ではないこと)、(2)適法であること(違法なアップロード動画ではなく、著作権・肖像権などの処理がなされていること)――の2点を満たすものに限定する。広告は、民放のキャッチアップ配信サービス(民放9社の配信サイトと「TVer」、「GYAO!」)で展開する。掲出先の媒体を選択することもできる。

 「Premium Reserveインストリーム動画広告」の運用に当たっては、パソコンやスマートフォン由来のオーディエンスデータや、テレビの視聴ログデータ、購買データなどを人(People)基点で活用することができる統合マーケティングプラットフォームの「People Driven DMP」などを活用する。これにより、People Driven DMPなどのデータに基づくターゲティング配信を実現する。