オプテージは2019年11月18日、年内にも制度化が予定される第5世代通信(5G)を地域限定で利用する「ローカル5G」事業への参入を目指すことと、実証実験を開始するために2019年度中に同社ビル内にラボを開設することを発表した。

 オプテージは、企業や自治体など様々な利用者の個別ニーズに応じて建物内や敷地内でスポット的に柔軟に5Gシステムを構築する計画。同社が取り組むローカル5Gの特長として、「自社で保有する光ファイバーによる専用線サービスやVPN(仮想プライベートネットワーク)サービスなどと組み合わせることでリモート拠点間の閉域ネットワークを構築でき、クラウド接続など利用者のニーズや用途に応じて柔軟で安定したシステムを提供できる」と説明する。通信事業者として24時間365日のネットワーク監視も組み合わせた高セキュリティーなサービス提供を目指す。

 2019年度中をめどに開設するラボは、デモンストレーションや実証実験を行う場とする。ローカル5Gの周波数である28GHz帯および自営BWA(広帯域移動無線アクセスシステム)の周波数である2.5GHz帯を使ってデモ環境を構築し、ワイヤレス4K8K映像伝送やAR(拡張現実)技術を用いた作業支援デモなどの実証実験を行う。

予定する「ローカル5G」デモ環境の概要
(出所:オプテージ)
[画像のクリックで拡大表示]

 さらに、2020年度には利用者の施設内での実証実験を開始する予定。利用者のニーズに沿ったローカル5Gサービスの開発を目指すため、利用者が土地・建物内の通信環境で抱える課題やローカル5Gによって実現する未来の姿などを募集する。