米Analog Devices(ADI)は、送信時と受信時のレイテンシーの和を短く抑えたEthernet物理層(PHY)IC「ADIN1300/ADIN1200」を発売した。ADIN1300は、10Mビット/秒と100Mビット/秒、1Gビット/秒のデータ伝送速度に対応する。Ethernet規格としては、「10BASE-Te」「100BASE-TX」「1000BASE-T」に準拠する。ADIN1200は、10Mビット/秒と100Mビット/秒に対応しており、Ethernet規格は、「10BASE-T」「100BASE-TX」に準拠している。MAC層ICとのインターフェースはMIIとRMII、RGMIIに対応する。送信時と受信時のレイテンシーの和は、採用するデータ伝送速度とMAC層インターフェースで変化する。ADIN1200において、100Mビット/秒でMIIを選択した場合、送信時と受信時のレイテンシーの和は300ns(最大値)。ADIN1300において、1Gビット/秒でRGMIIを選択した場合、送信時と受信時のレイテンシーの和は294ns(最大値)である。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら