旭化成エレクトロニクスは、+8〜32Vの単一電源で動作するモーター駆動IC「AP1041AEC/AP1042AEC」を開発し、2020年2月に販売を開始する。2製品どちらも、1チャネルのHブリッジ回路を搭載しており、直流(DC)モーターを1個駆動できる。AP1041AECとAP1042AECの違いは最大出力電流にある。AP1041AECは最大1A、AP1042AECは最大5Aである。+24V電源で動作する電子機器に向ける。具体的な応用先は、プリンター複合機(MFP)や、レーザー・ビーム・プリンター、オフィス機器、現金自動預け払い機(ATM)、POS端末などである。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら