オムロンは2019年11月13日、工場の生産ラインにおける機械部品などの外観検査を自動化する「欠陥抽出AI技術」を開発したと発表した。熟練検査員の目視に頼っていた傷の有無などの検査をAI(人工知能)で自動化する。一般的なPCレベルの比較的安価なコンピューター環境で動作するのが特徴。同社製の工場向け画像検査機器「FHシリーズ」で動作するソフトウエアとして2020年春に発売する予定だ。

従来の自動検査装置が苦手だったカメラに写りにくい傷も検出できる
[画像のクリックで拡大表示]

 オムロン インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー商品事業本部センサ事業部第2開発部の竹川肇部長は「傷を発見する熟練者の感性や経験をAIで再現した」と説明する。

オムロン インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー商品事業本部センサ事業部第2開発部の竹川肇部長
[画像のクリックで拡大表示]

 オムロンが約30年にわたって検査機器を開発してきたノウハウを生かし、傷を高精度で検出できるようにした。カメラに写りにくい傷も独自の画像処理技術で鮮明にして検出できる。用途を傷の発見に特化することで、機械学習や検出にかかる計算量を削減し、工場の検査機器で容易に動作するようにした。ただし、現時点の技術水準では反射光が強いガラスのような素材の傷は検出しにくいなどの制約もある。