信州大学と東芝は、ナノサイズのカプセル「生分解性リポソーム」によって遺伝子を細胞に運ぶ技術を、がんの遺伝子治療に応用する共同研究を開始した。信州大学のがん研究と東芝の材料研究を融合することで、がんの遺伝子治療の普及に貢献していく。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら