NTTコミュニケーションズ(NTTコム)は2019年11月12日、レート保証型の外国為替情報サービス「Home Currency Anywhere(HCA)」を発表した(写真1)。2019年11月下旬より提供を開始する。

写真1●NTTコムが外貨による価格表示を容易にするサービスを発表
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 インバウンドビジネスなどをターゲットにしており、外貨による価格表示と決済が容易になるという。シンガポールのフィンテックスタートアップ企業M-DAQとの協業で提供する。

24時間のレート保証で外貨による価格表示を容易に

 発表会にはNTTコミュニケーションズの東出治久経営企画部ビジネスイノベーション推進室長が登壇(写真2)。「本格的なフィンテックサービスを提供するのは当社として初めてだが、データ流通やAPIマッシュアップ技術を提供してきた実績がある。飛び地ではなく隣接した新規事業だ」と紹介した。

写真2●NTTコミュニケーションズの東出治久経営企画部ビジネスイノベーション推進室長
[画像のクリックで拡大表示]

 増加する訪日外国人需要を背景に「通貨というデータの価値交換により、顧客体験価値を最大化できるのではないか」(東出室長)として、新サービスの「Home Currency Anywhere(HCA)」を発表した。NTTコムによる「Smart Data Platform」と連携するアプリケーションとして提供する。

 HCAは常に変動する外国為替レートを24時間固定する「レート保証」、ネット通販の返品などを想定した90日間の「リファンドレート保証」という2つの特徴を備える(写真3)。NTTコムによると、これらの特徴を備えるサービスは日本初という。すべての機能は既存の決済システムなどに組み込みやすいAPIとして提供するとしている。

写真3●Home Currency Anywhere(HCA)の特徴
[画像のクリックで拡大表示]

 実際のレート保証はシンガポールのM-DAQ社が独自のアルゴリズムにより提供する(写真4)。投資銀行出身者が2010年に設立したフィンテックスタートアップで、シンガポール政府もバックアップしているという。

写真4●シンガポールM-DAQの概要
[画像のクリックで拡大表示]