日本航空(JAL)は2019年11月12日、成田国際空港で取り組んでいる航空用コンテナのけん引車(トーイングトラクター)の自動運転に関する実証実験を報道陣に公開した。JALは2020年度にも実用化する考えだ。

成田国際空港の制限エリア内を走る、自動運転のけん引車(トーイングトラクター)
[画像のクリックで拡大表示]

 実証実験は国土交通省の公募にJALが応募する形で、2019年10月31日から2020年3月31日まで同空港の制限エリア内で実施する。当面は第2ターミナルの本館荷さばき場とサテライトの荷さばき場との間を、「レベル3」対応のけん引車がダミーの重りを載せたコンテナを積み荷としてけん引しながら自動走行する。

 測位にはGPSを使い、併せて空港近隣にあるRTK(リアルタイムキネマティック)の基準点からの補正データで測位精度を高めている。さらに「事前に走行区間の地図データをつくる際に、走行区間の周囲にある建造物などの障害物データも取り込んだ。走行時に建造物などとの距離を測位することで走行位置を補正している」(JALの担当者)という。

 けん引車はフランスTLD製の「TractEasy」を使い、フランスのイージーマイル(EasyMile)が開発した自動運転ソフトウエアを組み込んだ。周辺の障害物を検知して障害物との距離を測るため、車両前面の下方左右と上方中央、車両天井の2カ所の計5カ所にLiDAR(Light Detection and Ranging)を備えている。報道陣への公開では、けん引車が制限エリア内の車線からはみ出すことなく走行する様子を確認できた。

空港で自動運転の実証実験が相次ぐ

 制限エリア内を走る車両の制限速度は時速15キロメートルだが、今回の自動運転車はそれより遅い最大時速10キロメートルで走行する。空港業務を妨げないように、実証実験は空港が混雑する朝夕を避け、昼間に3時間ほど実施する。

 現時点ではけん引車の運転席に監視者が座って走行や停止などの指示を出しているが、実証期間内に遠隔からの操縦も検証する。その際、車両の遠隔制御にはソフトバンク子会社のSBドライブの「Dispatcher」を使う予定である。

 また報道公開ではダミーのコンテナだったが、同期間内にJAL便の乗客から預かった実際の手荷物の運搬も予定する。このほか、搭乗橋の下やターミナルの内部につくられたトンネル状の通路など、GPSを受信しにくい場所での自動運転も検証する。

 国交省はインバウンドによる航空需要の拡大や国内の人口減少などを踏まえ、空港業務の高度化の一環として空港業務の省力化・自動化を進めている。空港内を走る車両への自動運転導入は重点項目の1つである。

 2019年度は今回の実証実験のほか、全日本空輸(ANA)が豊田自動織機のけん引車を使って佐賀空港と中部国際空港で2019年9~10月に実証実験に取り組んだ。丸紅とZMPの共同出資会社AIROも2020年1~2月に、ZMPの車両を使って成田国際空港と関西国際空港で実証実験をする予定だ。