メルカリで執行役員CIO(最高情報責任者)を務める長谷川秀樹氏が同社を退社することが2019年11月12日までに分かった。同氏は「早ければ2019年11月末にも退職する」と話す。

メルカリの長谷川秀樹執行役員CIO
(撮影:井上 康裕)

 長谷川氏は退職後、複数企業でCDO(最高デジタル責任者)を兼業する考え。「コンサルタントではなく、その企業のCDOとして責任と予算、権限を持った立場で働く」と話す。

 同氏は東急ハンズでIT部門とEC部門を管掌する執行役員を務めた後、2018年10月にメルカリのCIOに就任した。約1年間での退職となった。メルカリ広報は「個人のことなので会社から語ることは差し控えたい」とした。