ガートナー ジャパンは2019年11月7日、日本の業種別IT支出に関する調査結果を発表した。2019年は消費増税対応や働き方改革へのシステム投資があり、成長率は3.0%の27.5兆円に達する見込み。今後も年平均1.9%の成長率で推移し、2023年には29兆円規模になるとした。

日本の業種別IT支出予測
(出所:ガートナー ジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]

 業種別では金融業と運輸業の伸びが顕著で、2023年までの年平均成長率は金融業が同2.4%、運輸業が2.2%になるという。ガートナーによると金融業はマイナス金利など収益が圧迫される状況下で、コスト削減に向けたシステム投資に積極的だとみている。運輸業は人手不足を背景に、省力化や自動化などへの投資が増えている。

 支出額が各業種の中で最も多い製造業は、不透明な経営環境の中でIT支出に慎重な姿勢も見られるものの、2023年までの年平均成長率は1.4%と底堅いという。