民放キー局5社(日本テレビ放送網、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビジョン)は2019年11月6日、地上波の放送番組について同じ時間帯にインターネット同時配信を行う技術実証を2020年1月に合同で実施すると発表した。

 各社の番組は、5社が共同で運営する民放公式テレビポータル「TVer」で配信する。 同時配信の対象は主に夕方の報道番組で、複数局が同時間帯に配信する際の技術的な課題、放送と配信における災害情報の提供の在り方、データ基盤技術などを検証する。

 今回の取り組みは、総務省が野村総合研究所に委託した調査研究における技術実証として行う。5社による同時配信の実証実験は、「2018 FIFA ワールドカップ ロシア」(実施期間は2018年6月から7月)、各社個別のスポーツ中継などの実証実験(同2018年9月から2019年2月)に続く3回目となる。

 今回の取り組みでは、データ基盤技術検証の一環として、5社の放送エリアにおいてテレビ視聴データ(視聴ログ)に関する技術実証も予定する。同時配信サービスの視聴データと、インターネット結線テレビ経由で収集した地上波テレビ放送の視聴データを分析し、視聴者の利便性向上や放送コンテンツ制作などへの活用を通じて放送の価値向上を目指す。視聴データの取り扱いに当たっては、野村総合研究所が設置する有識者によるアドバイザリーボードの助言を踏まえ、視聴者にとって安全・安心なデータ取り扱いのルールを検証する。