米Diodes(ダイオーズ)は、入力電圧範囲が+3.8〜40Vと広い降圧型DC-DCコンバーターICを5製品発売した。同期整流方式を採用し、ハイサイドスイッチとローサイドスイッチの両方を集積した。スイッチング周波数は100k〜2.2MHzの範囲で設定できる。出力電流が最大3.5Aの「AP64350」「AP64351」「AP64352」と、最大5Aの「AP64500」「AP64501」を用意した。待機時の消費電流は最大3.5A出力品が22μA、最大5A出力品は25μAである。特徴は、同社独自のゲート駆動技術を適用することで、放射電磁雑音(EMI)を低く抑えた点にあるという。民生機器や産業機器、ネットワーク機器、車載機器などに搭載するPOLコンバーターに向ける。入力電力源には、+5Vや+12V、+24Vの中間バスを想定している。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら