東京大学や千葉県柏市などが組織する「柏ITS推進協議会」は2019年11月1日、東大柏キャンパスと最寄り駅であるつくばエクスプレス柏の葉キャンパス駅を結ぶ約2.6キロメートルの区間で、自動運転バスを運行する実証実験を始めた。期間は2020年3月31日まで。

東京大学柏キャンパスの構内道路から公道に出る自動運転バス
[画像のクリックで拡大表示]

 「学生に乗ってもらいながら長期間にわたって運行し、運用上の課題を洗い出す。今回は東大関係者向けの実証実験だが、その後は柏市民にも使ってもらえる新しい移動手段を目指す」。東大生産技術研究所の須田義大教授は実証実験の意義をこう強調した。

自動運転バスの出発式であいさつする東京大学生産技術研究所の須田義大教授
[画像のクリックで拡大表示]

 平日の日中に1日4便運行する。柏キャンパスの学生や教職員、来訪者は無料で乗車できる。自動運転バスの実証実験は全国各地で実施されているが、5カ月という長期は珍しい。日野自動車の「リエッセ」をベースに、東大発の自動運転ベンチャーの先進モビリティ(東京・目黒)が改造した自動運転バス車両を使う。定員は17人。

つくばエクスプレス柏の葉キャンパス駅前に到着した自動運転バス
[画像のクリックで拡大表示]

 自動運転バスは事業用の緑ナンバーを取得しており、バス会社の東武バスイースト(千葉県柏市)が営業運行するバスを東大が貸し切る。運行区間はキャンパス内0.3キロメートル、公道2.3キロメートルの合計約2.6キロメートルで、自動運転で運行するのはその一部の約1.2キロメートルである。東武バスイーストの運転士が乗務するものの、加減速やハンドル操作をせず、非常時の介入操作だけをする。最高時速は40キロメートル。