東芝デバイス&ストレージは、サーバー用ファンやブロワーといった高速回転が必要な電子機器に向けた3相BLDCモーター用プリドライバーIC「TC78B027FTG」を開発し、2019年10月に量産を開始した。特徴は、同社独自のモーター駆動技術「InPAC」を搭載したことにある。このため、「細かな位相調整の手間を掛けることなく、幅広い回転速度において高効率な駆動を実現できる」(同社)という。外付けのnチャネル型パワーMOSFETを駆動できる。駆動電流は、内蔵した不揮発性メモリー(NVM)で設定できるため、さまざまなパワーMOSFETが使える。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら