ドイツ・フォルクスワーゲン(Volkswagen)は2019年10月24日、第8世代となる新型「Golf」を発表した。同ブランドで初めて48Vマイルドハイブリッド機構を搭載した「eTSI」を設定したほか、プラグインハイブリッド車の「eHybrid」も同時に設定した。欧州では2019年12月に発売する予定。

(写真:Volkswagen)
[画像のクリックで拡大表示]

 新型Golfのパワートレーンは、ガソリン直噴ターボエンジン「TSI」、ディーゼル直噴ターボエンジン「TDI」、天然ガスエンジン「TGI」、それにマイルドハイブリッドのeTSIとプラグインハイブリッドのeHybridの計5種類からなる。

(写真:Volkswagen)
[画像のクリックで拡大表示]

 マイルドハイブリッドは、TSIエンジンと7速DCT(Dual Clutch Transmission)「DSG」の組み合わせに、48Vのベルト駆動式スタータージェネレーターと48VのLiイオン2次電池を搭載する。出力が81kW(110PS)、96kW(130PS)、110kW(150PS)の3種類を用意した。強力なブレーキ回生機能が特徴で、WLTPモードの燃費が10%向上できる。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら