英アーム(Arm)は、学習済みニューラルネットワークの推論処理プロセッサー(NPU:Neural network Processing Unit)コア「Ethosファミリー」を発表した(日本語ニュースリリース)。同社は人工知能(AI)を全ての機器が備えるべき機能と位置づけており(そのキャッチコピーはAI Everywhere)、Ethosはそれを実現する製品の1つとなる。

Ethosファミリーは、現在、3製品。Armのスライド
[画像のクリックで拡大表示]

 Ethosは、現在、3製品から成る。「Arm Ethos-N77」と「Arm Ethos-N57」、「Arm Ethos-N37」である。このうち、最上位製品のEthos-N77は従来「Arm ML Processor」と呼んでいたもの(関連記事1(3ページめ)関連記事2)。Ethos-N77はさまざまな構成を採ることが可能で、例えば、内部のCE(Compute Engine)は最大12個にすることが可能。内部のSRAMは最大で4Mバイトを備えることができる。Ethos-N77の1コア当たりの性能は最大4TOPS。1クラスターに8個、メッシュ接続では最大64個のEthos-N77をつなげる。Ethos-N77はプレミアムスマートフォンなどハイエンドの機器を狙う。

3製品の主な仕様。Armのスライド
[画像のクリックで拡大表示]

 残りの2つは今回、初めて発表された製品である。Ethos-N57は性能と消費電力のバランスが取れたNPUコアで、メインストリームのスマートフォンなどに向ける。処理性能は最大2TOPS。Ethos-N37は1mm2の面積で実現でき、「最小面積のNPU」だという。エントリーレベルのスマホなどに向けたもので、処理性能は最大1TOPSである。

3製品の性能と応用先。Armのスライド
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら