ネット型リユース事業を手がけるマーケットエンタープライズ(東京・中央)は2019年10月29日、2019年第3四半期(7~9月)における中古スマホ端末(iPhone、Androidスマホ)の取引数ランキングを発表した(ニュースリリース)。同ランキングは、中古スマホ端末取引の大手4市場(ヤフオク!、メルカリ、ムスビー、ラクマ)の動向を分析した結果である。

iPhone 8がトップに

 中古iPhone市場ではトップの「iPhone 8(au)」をはじめランキングの8位までを「iPhone 7」とiPhone 8が占めた。同社によれば、全体の取引数は新作「iPhone 11」発売前の買い控えなどによって減少したものの、iPhone 7とiPhone 8は新作の発売と同時に値下がりが実施されたことにより、前期(2019年第2四半期)よりも取引数が増加したと分析する。

最新(2019年第3四半期)ランキングはiPhone 7とiPhone 8が寡占
出所:マーケットエンタープライズ
[画像のクリックで拡大表示]

 なお、前期ランキングの首位は前々期(2019年第1四半期)からその座をキープしていたiPhone 7だったが、今期はiPhone 8に世代交代した格好だ。

前期(2019年第2四半期)ランキングはiPhone 7がトップをキープ
出所:マーケットエンタープライズ
[画像のクリックで拡大表示]

 マーケットエンタープライズは、中古iPhone市場におけるiPhone 7とiPhone 8の人気はしばらく続くと見ている。同社 中古モバイル市場アナリストの菅野辰則氏は次期(2019年第4四半期)の見通しについて「新作のiPhone 11シリーズや値下がりした過去モデルへの機種変更の動きによって全体の取引数が増加する」と予想している。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら