東京都は2019年10月25日、東京ビッグサイトで開催中の「東京モーターショー」の併催イベントとして「自動運転シンポジウム」を開催した。自動運転普及に向けた取り組みを都民や企業に紹介し、実用化に向けた機運を高めるのが狙いだ。

東京都で自動運転推進を担当する前林一則先端事業推進担当課長
[画像のクリックで拡大表示]

 都庁で自動運転推進を担当する前林一則先端事業推進担当課長は「自動運転は道路渋滞や、高齢者の運転困難などの社会問題の解決につながるため、都として積極的に推進している。2020年東京五輪・パラリンピックの開催に合わせて、世界から訪れる人々に未来の東京の姿を見せたいという意図もある」と述べた。

 民間企業と共同で実証実験を推進するなかで課題も見えてきたという。「現状の法規制では、公道を自動運転車を走らせるには運転席に運転手を乗せる必要があり、企業のコスト削減につながらない」(前林担当課長)。規制緩和の機運を高めるとともに、自動運転の品質をさらに高める技術改良も必要だと述べた。

 小田急電鉄の西村潤也経営戦略部課長も登壇した。小田急グループのバス会社である神奈川中央交通は、都内の多摩ニュータウンで自動運転バス走行の実証実験をしている。

小田急電鉄の西村潤也経営戦略部課長
[画像のクリックで拡大表示]

 西村課長は「少子高齢化が進むと自動車を安全に運転できる人が減るため、マイカーの代わりに鉄道やバスを使ってもらえるチャンスが増える」と期待を述べた。自動運転バスも活用しながら公共交通の魅力を高めて、「小田急沿線に住めば高齢者になった時に運転しなくても便利な生活ができると、多くの人に思ってもらえるようにしたい」(同)。