日本ヒューレット・パッカード(HPE)は2019年10月23日、エンタープライズ向けのクラウドストレージサービス「HPE Cloud Volumes」を発表した。11月1日から提供を開始する。同サービスはHPE独自のフラッシュストレージ技術を使用した従量課金モデルのクラウドサービスで、オンプレミス環境とクラウド環境のデータバックアップやDR(ディザスタリカバリー)対策などに有効だという。

 HPE Cloud VolumesはAmazon Web Services(AWS)やMicrosoft Azure上に構築した仮想マシンと、iSCSIストレージとして接続できる。近々にGoogle Cloud Platform(GCP)にも対応する予定だ。仮想マシンと接続する際は、ウィザード画面で接続先のインスタンスを設定できる。必要なストレージ容量(GiB)や性能(IOPS)、オプション機能の指定などもGUI画面で設定可能だ。

 日本ヒューレット・パッカードの高野勝ハイブリッドIT事業統括データプラットフォーム技術本部エバンジェリストは「接続先を用途ごとに変更すれば、AWSやAzureのそれぞれ得意とするサービスを利用可能になる。これによりクラウドロックインを回避できる」と説明する。例えばAWSで分析をして、オフィス連携が強いAzureで結果を表示するといったクラウドサービスの使い分けが可能になる。

日本ヒューレット・パッカードの高野勝ハイブリッドIT事業統括データプラットフォーム技術本部エバンジェリスト
[画像のクリックで拡大表示]

 HPE Cloud Volumesに用意されているストレージは「汎用フラッシュ」と高可用性を備えた「プレミアムフラッシュ」の2種類がある。料金は6万円(税別)から。ストレージ容量や性能に応じて課金される。