グーグルは2019年10月16日、都内で新製品発表会を開き、Androidスマートフォン「Google Pixel 4」や、Nestブランドのスマートデバイスの新製品を発表した(写真1)。いずれもグローバルで10月15日に発表した新製品の国内向けモデルだ。

写真1●グーグルが「Google Pixel 4」などの新製品を発表
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

カメラが大幅進化、「Motion Sense」は2020年春

 発表会にはGoogleハードウェア事業 パートナーシップ ビジネス統括の織井賢氏が登壇した(写真2)。ハードウエア事業について、「世界中の情報を整理し、アクセスしやすくするのがグーグルの使命だ。スマホ中心ではなくヒトを中心に、意識することなく使える『Ambient Computing』により、ハードとソフト、それらを包み込むAIを統合していく」と紹介した。

写真2●グーグル Googleハードウェア事業 パートナーシップ ビジネス統括の織井賢氏
[画像のクリックで拡大表示]

 スマートフォンの新製品については、Google Pixel製品事業統括の埜々内ルイ氏が紹介した(写真3)。披露したのは「Google Pixel 4」と「Google Pixel 4 XL」である(写真4)。

写真3●グーグル Google Pixel製品事業統括の埜々内ルイ氏
[画像のクリックで拡大表示]
写真4●Google Pixel 4
[画像のクリックで拡大表示]