スカパーJSATとスカパーJSATの子会社である衛星ネットワークは2019年10月11日、低軌道衛星画像を用いた「高頻度船舶検出サービス」の提供を11月に開始すると発表した。

「高頻度船舶検出サービス」のイメージ
(出所:スカパーJSAT、衛星ネットワーク)
[画像のクリックで拡大表示]

 高頻度船舶検出サービスでは、衛星ネットワークが戦略的パートナーシップを締結している米プラネット・ラボ(Planet Labs)の低軌道衛星(Dove)の衛星コンステレーション(2019年10月現在で130機以上)が撮影する地上分解能約3mの全世界画像と、AI技術・画像認識技術を利用した自動船舶検出機能、これらに船舶から発信されるAIS(船舶自動識別装置)情報を組み合わせることにより、高頻度での船舶動静を把握できる。プラネット・ラボの協力を得て同サービスを実現した。ファーストユーザーとして、2019年11月から日本の政府機関向けへの提供が決定しているという。

 スカパーJSATグループは、海洋に留まらず、今後は陸上(建物、道路など)でもAI技術を活用した同様の手法による高頻度観測サービスを展開し、不動産や経済指標の確認などの幅広いサービス展開を行っていく方針である。衛星から送られてくる様々な情報とAI技術との融合による新たな付加価値サービスを提供し、今後も全地球常時モニターリングの市場を切り拓くことを目指す。