サムスン電子ジャパンは2019年10月10日、Galaxyシリーズのスマートフォン新製品として「Galaxy Fold」(写真1)「Galaxy Note10+」「Galaxy A20」の3機種を発売することを発表した。

写真1●Galaxy Fold SCV44
(出所:サムスン電子ジャパン、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 Galaxyシリーズ初となる折りたたみスマホ「Galaxy Fold」は、国内ではKDDI(au)のみが取り扱う。

24万円の折りたたみスマホ「Galaxy Fold SCV44」

 国内スマホ市場では8月の販売台数が前年比で9割に落ち込むなど低迷しているのに対し、サムスン製品は前年比38%増を達成したという(GfK調べ)。今後の製品展開について、「市場や社会環境が必ずしも追い風ではない中で、38%増を達成できた。2020年の東京五輪や5Gサービスの開始に向けて積極的に展開していく」(サムスン電子ジャパン製品担当者)との方針を示した。

 独自の折りたたみ構造により、開いた状態では7.3型の大画面を、閉じた状態では端末外側の4.6型の画面を利用できる(写真2)。最大で3つのアプリをマルチウィンドウで同時利用できる機能に対応する。

写真2●閉じた状態では外側の画面を利用する
[画像のクリックで拡大表示]