アマゾンジャパンは2019年10月7日、初となる子ども向けのKindleや、Fireタブレットの新製品を発表した(写真1)。日本以外でもグローバルで同時発表となっている。

写真1●アマゾンジャパンが子ども向けKindleやFireタブレットの新製品を発表
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 発表したのは新「Fire HD 10タブレット」とそのキッズモデル、子ども向けKindle「Kindleキッズモデル」の3機種。2019年10月7日午後10時より予約販売を開始し、10月30日より出荷を開始する(写真2)。

写真2●新製品3機種は10月30日より出荷開始
[画像のクリックで拡大表示]

初の子ども向けKindle「Kindleキッズモデル」

 Kindleシリーズ初の子ども向け電子書籍リーダーとして、「Kindleキッズモデル」を発表した(写真3)。第10世代のKindleをベースにサブスクリプションサービス「FreeTime Unlimited」などを同梱したモデルで、主な対象は6歳以上の小学生となっている。

写真3●Kindleキッズモデル
[画像のクリックで拡大表示]

 子ども向けのKindleを投入する背景として、アマゾンの調査では9割以上の保護者が「子どもに読書をしてほしい」と答えたのに対し、1日の読書時間は半数が15分以内にとどまっていたという。

 デジタル機器を利用した読書については「ゲームや動画視聴に使い過ぎるのではないかとの心配がある。本を買うのにお金がかかり、独りで読み進められない、といった課題もあった」(アマゾンジャパン Amazonデバイス事業本部Kindle・Fireタブレット・アクセサリー事業部事業部長の清水文弥氏)とした。

 Kindleキッズモデルにはサブスクリプションサービス「FreeTime Unlimited」の1年間の利用権が含まれる。Kindleキッズモデルの発売に当たって児童文庫や学習まんがなどのタイトルを拡充し、日本語の1000冊以上の本が読み放題としている(写真4)。

写真4●子ども向けの日本語タイトルは1000冊以上
[画像のクリックで拡大表示]

 保護者向けには、子どもがどのくらい本を読み進めたか読書の進捗を確認できる機能を搭載(写真5)。読書専用の端末としてゲームや動画視聴には使えないことも特徴としている。履歴から次のおすすめを紹介する機能や、辞書や単語帳により分からない言葉を調べる機能も利用できる(写真6)。

写真5●保護者は読書の進捗を確認できる
[画像のクリックで拡大表示]
写真6●読書のレベルアップをサポートする機能も
[画像のクリックで拡大表示]

 2年間の限定保証が付属しており、落下や水ぬれによる破損は無料で取り換えに対応する(写真7)。プロフィルを切り替えれば通常の第10世代Kindleとして、大人も楽しめるようになっている。

写真7●2年間の限定保証が付属
[画像のクリックで拡大表示]

 価格は1万980円(税込み)。セット内容は第10世代Kindle(8GB、広告なし)、1年間のFreeTime Unlimited、2年間の限定保証、ブルーまたはピンクから選べるキッズカバーとなっている。